2016年6月

長所を活かしたゴルフ

6 30 wake.JPG皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ピピゴルフスクール担当の分須です。

陸上女子代表に選ばれた福島千里選手。割れた腹筋に小さなテープのようなものを数カ所貼り付けていました。動きにくい筋肉の血流を良くするためのものだそうです。小さな工夫がコンマ1秒を縮めるのでしょう。皆さんはストレッチをして血流を良くしましょう。

アース・モンダミンカップは大会2連覇で今季2勝目のイ・ボミ選手でした。連続トップ5入りも11試合となりツアー新記録を打ち立てました。よく生徒さんに「あんなにゆっくり振っているのに何で飛ぶんですか?」と質問されます。
バックスイングは確かにゆったり上げていますが、ダウンスイングからしっかりクラブを振り抜いています。テレビの音声を聞いていてもビュンという音がしています。やはりヘッドスピードがなければボールは飛びませんから。
皆さんもドライバーを逆さに持って、軽い方でビュンと音を出して素振りをしてみてください。フォームばかり気にするのではなく、思い切りの良さも必要ですよ。

男子ツアーのISPSハンダグローバルカップでは朴ジュンウォン選手が優勝しました。平均飛距離は250ヤードと男子では飛ぶ方ではありませんが、平均パット数が1.7153と1位でパーオンしたホールのバーディー率も1位となっていてパッティングが得意なようです。
皆さんもパターをもっと練習してパット数を減らしましょう。

 

6 30 wake2.JPG「今週の写真」

「赤ちゃんイチヂク」です。まだ実は小さく青いですが、あま~い香りがしてきます。
食べ頃になると人より先に鳥が食べに来ちゃうんです。
 

 

ゴルフは、パッティングが要!

6 30 koji.png皆さん こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ工房担当の小島です。

「ISPSハンダグローバルカップ」では、優勝した朴ジュンウォン選手に贈られた優勝カップならぬ、優勝 兜が印象的でした(笑)「アース・モンダミンカップ」では、イ・ボミ選手の優勝インタビューで朝早くからお母さんが作ってくれるおにぎりの話に涙するシーンが感動しました。ボミ選手は、左へ引っ掛けるミスを軽減する目的で、今季の途中から1Wにピンク色の新シャフトを差していましたが、勝負どころで右プッシュが出てしまうため、昨年7勝を挙げたシャフトに今週から戻したそうです。シャフトを替えた途端に優勝してしまうなんて、やはりクラブに置けるシャフトの役割は大切ですね。

皆さんは、パターのグリップをどのように握っていますか?先日行われた「全米オープン」で気づいたのですが、今「クローグリップ」のプロが多いんですよね。(右打ちの場合右手をペンを握るような格好で横から添える打ち方)きっかけは宮里優作選手でした。「あれ?優作選手クローグリップだ?」と見ていたら今度は、セルヒオ・ガルシア選手もクローグリップでした。気になり、調べると他にも フィル・ミケルソン選手やアダム・スコット選手など名だたる選手の名前があがってきました。
さて、皆さんは往年の名プレイヤー「サム・スニード」さんはご存知でしょうか?彼のパッティングスタイルも独特で、両足を開いてカップに正対して持つ振り子式の打ち方の「クラウチングスタイル」でしたが、ラインをまたぐ格好の打ち方がルール違反ということで禁止となりました。そこで改良版として考えられたのが「サイドサドルスタイル」です。ラインをまたがず両足を揃えて右足の横から打つのです。140勝以上したスニードさんですが、1960年頃に極度のパッティング不調で悩んでしまったそうです。特に1メートル以内のパットはひどいもので、スニードさんは立ち直れなくなってしまいました。そこで考案したのがこのパッティングスタイルです。クローグリップもしかり、今も昔もパッティングの悩みは尽きませんね(^^;;

 

6 30 koji2.jpg「今週の写真」

雨と言えば傘ですよね。では、傘と言えば…?アーノルドパーマー です!ゴルフがわからない人でも、このブランド名は知っているのではないでしょうか。
 

プロゴルファーのスイングを間近で見て良いイメージを!

6 30 hotta1.jpg皆さん、おはようございます!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 越谷ゴルフスクール担当の堀田です。

スポーツ界ではリオデジャネイロオリンピック、パラリンピックの代表選手が続々と決まっています。ゴルフの代表決定は7月11日ですが男子も女子も2番目の枠が混戦ですね。誰が出場しても伸び伸びとオリンピックを楽しんで欲しいです。

男子国内ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」は韓国の朴ジュンウォン選手がプレーオフの末初優勝しました。この試合には2011年マスターズチャンピオンのシャール・シュワーツェル選手とメジャー3勝のパドレイグ・ハリントン選手も出場していました。メジャーチャンピオンが日本のゴルフ場をどう攻略するかも観戦の楽しみの1つでした。

アース・モンダミンカップ」はイ・ボミ選手が大会連覇で優勝しました。また連続トップ5のツアー新記録も11試合とし更新中。最終日ノーボギー5バーディーと安定した内容でした。
越谷のスクール生のAさん、土曜日にこのトーナメントを見に行かれたそうです。午前中は同じホールのティーインググラウンドから色々な選手達のショットを見て、午後は数ホールを歩いて見たそうです。感想を聞いてみたところ「どの選手も軸が動かずバランス良く振っていた。特に感じたのはリズムの良さ。早いリズムやゆっくりしたリズムの選手と色々だったが、皆リズム良くスムーズに振っていた。」との事でした。Aさんはドライバーで2段モーションになる癖があるのですが、この日は前日にトーナメントを観戦した事により2段モーションも無くスムーズにリズム良く振れていました。
皆さんも機会があったら試合会場に行って間近でプロのスイングを見て下さい。参考になりますよ♪

 

6 30 hotta2.jpg「今週の写真」

ゴルフおもてなしサロン茅場町STUDIO近くに咲いていた紫陽花です。ビル群の中でも元気に咲いていました。街の中に花があるのは気持ちが落ち着きます。

ゴルフに対する考え方!

6 29 matu.JPGみなさん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン横浜髙島屋クラブフィッティング工房クラフトマンの松苗です。

梅雨の合間の晴れた日は、絶好のゴルフ日和ですね。グリーンは止まりやすく攻めのゴルフでベストスコアを目指してくださいね!

先週のアース・モンダミンカップイ・ボミ選手が20アンダーで圧巻の優勝をしましたね。雨、晴れ、風と目まぐるしく変化する天候の中安定したゴルフを展開していました。
専属のコーチであるチョ・ボムス氏によると「守るゴルフから攻めるゴルフ」に考え方が変わったとのこと。
その中で私が注目したのは、ドライバーのシャフトの変更です。今年に入ってシャフトを変更していましたが、若干ボールが散っていたようで、それを解消する為、昨年7勝した時のシャフトに戻したそうです。攻めるゴルフをして、そこに安定感が生まれてきたイ・ボミ選手の牙城はしばらく続きそうですね。

次にISPSハンダグローバルカップですが、こちらも韓国の朴ジュンウォン選手が日本ツアー初優勝を遂げました。朴選手は平均飛距離は250y前後と今のプロツアー選手の中では決して飛ぶ方ではないのですが、そのパワー不足を補って余りあるショット精度とパッティングでスコアメイクをしていました。クラブセッティングにおいても、ウッド系はドライバーと3Wそしてユーティリティを2本、というふうに飛距離よりも正確性を重視してありました。自分に合ったクラブセッティングとコースの攻略法での初優勝でしたね。私たちにも参考になる事が多かった選手ですね。これからも注目して見ていきたいと思います。

男子ツアーは今週から長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメントが北海道千歳市のザ・ノースカントリーゴルフクラブで開催されます。日本人選手の活躍に期待しています。
女子ツアーは先週で前半戦が終了して、今週は唯一のオープンウィークですね。次週は新規開催のニッポンハムレディスクラッシックとなりますが、誰が初代優勝者になるか楽しみです。

 

6 29 matu2.PNG「今週の写真」

最近、ウェッジ注文が少し増えてきました。その中でもムジークのフィフティーズウェッジが人気になっています。
ソール形状が独特でロフトのバリエーションも豊富ですよ!

ゴルフは気分転換も大事

6 29 kato.JPG皆さんこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGP神宮ゴルフスクール担当の加藤です。

最近、蒸し暑くなってきましたね。屋根のある練習場、インドアのレッスン場でも、熱中症になりかねません。
こまめに水分補給をして、楽しくレッスンを受けていって下さいね。

先週の日本ツアー、女子はアース・モンダミンカップ
イ・ボミ選手が通算20アンダーという驚異的なスコアーでこの大会の連覇を飾りました。
そして、男子はISPSハンダ・グローバルカップ朴ジュンウォン選手が通算17アンダーで日本ツアー初優勝。
男子、女子ともに韓国勢が優勝を飾りました。本当に止まらない韓国勢の勢い。
これは、韓国勢が調子が良いのか、日本勢が調子が悪いのかわからなくなってきましたね。

突然ですが、皆さんはゴルフが調子が悪くなってしまった時どのようにして切り替えをしていますか?
僕は研修生時代、調子が悪くなるとバンカー練習場にこもり、ひたすらバンカー練習をするということをしていました。僕は調子が悪くなると、左の脇が甘くなり、クラブが寝て入ってしまうという癖があるからです。
バンカーは上から砂を打ち込みますよね。
このバンカー練習を繰り返すことでクラブを立てて入れる感覚が取り戻せましたし、砂とボールを同時に打つ事でスイングの緩みも自然に解消されました。
そして、僕のお客様の間で流行っている切り替え方法は、クラブセットをまるまるニューモデルにチェンジするというやり方です。
事の発端は、スイングスピードが上がってきた女性のお客様にメンズクラブへの変更をお勧めしたところ、これが見事にはまり、大幅なベストスコアー更新に!これに影響されるように、皆さんが次々にニュークラブに変更されました。
クラブが変わるとヤル気も変わり、とても良い切り替えだと思います。
この波に乗ってか、ダンロップスポーツからニュースリクソンシリーズが9月に発売になります。
ニュークラブ変更をお考えの方は9月のスリクソンシリーズ是非よろしくお願い致します。
凄くカッコ良いデザインですよ!

 

6 29 kato2.JPG「今週の写真」

レッスン終了後に自主練習をしていると、バチッという音がして、覗いてみるとクワガタが!
子供の頃の夏休みを思い出しました。



 

ゴルフは飛距離だけではないと教えてくれました!

6 29 suda.JPGおはようございます!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン カルナ フィットネス&スパ担当の須田です。

本日は、タカゴルフプランのプロスタッフ研修会が開催されています。
生徒の皆様のゴルフ上達に、今まで以上にお力になれるよう、しっかり学んで参ります!研修の様子はホームページにアップする予定ですので楽しみにしてください!

さて、先週開催された女子ツアー「アース・モンダミンカップ」では、イ・ボミ選手が2位に5打差をつけての快勝でした!
優勝のスピーチで、母親への感謝の言葉を話したときに涙を流していましたが、美しい光景ですね。イ・ボミ選手はトレーナーやキャディの清水さんなど、たくさんの人にサポートされていますが「支えてくれる人たちのためにも」という気持ちは、実力以上のものを与えてくれるのだと思います。
私も、周りで支えてくれている方々に感謝の気持ちを忘れないようにします。そして、たくさんのゴルファーの支えになれるよう益々努力して行こうと思います!

また、男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」は、朴ジョンウォン選手が初優勝を遂げました。 
今大会を終えた平均飛距離は252ヤードで、ツアー全体で111位とのことです。
ジュニア時代からの知り合いの金庚泰選手からは、飛距離アップよりもフェアウェイキープやショートゲームに力を入れることを説かれ続けたそうです。本人も「これまでのゴルフ人生で距離にずっとストレスがあったけど、もう意識はしていません」と話していました。
今回開催されたゴルフ場は決して距離は長くないですが、飛距離はそこそこでも、正確性が高ければ十分にツアーでも通用するということを証明してくれました。
飛距離が出る方ではない私も、朴ジョンウォン選手に学び、正確性を高める努力をして行こうと思います!

IMG_1895.JPG「今週の写真」

タカゴルフプランプロスタッフ研修会の様子です。レッスン技術向上のため、皆んな真剣な表情ですね!
 

 

 

 

 

 

 

やはりゴルフは勝負どころが大事ですね

6_27_kutukake.jpgブログを読んでくださっている皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 日本橋三越本店 コンサルティング担当の沓掛です。

梅雨の中でも天気の良い日があります。
そのような日は、午後からハーフだけゴルフ場に行くのも楽しいですよ(*^^*)

さて先週の男女のツアーは、男子がISPSハンダグローバルカップ、女子はアースモンダミンカップでした。

男子ツアーは、グローバルカップと名前がついているだけあって、上位には海外の選手が多かったですね。
観ていて思ったことですが、日本人選手が海外で戦っていくには、体力的な部分の強化がまだまだ必要なのかと思いました。

女子ツアーはイ・ボミ選手が連覇しましたね。
最終日のパットが調子の良さを物語っていましたね。
最終組は出だしからみんなバーディーでしたが、イ・ボミ選手は先に他の2人にバーディーを決められていたので、距離は短めでしたがプレッシャーはあったと思います。
しかし、しっかり沈めていましたのでその後も流れを手放さなかったですね!

ゴルフはプレー自体が長いので、全ショット完璧とはなかなかいかないと思いますが、皆さんもここぞという時に集中出来ると良いかもしれません( ´ ▽ ` )ノ

 

6_27_kutukake_2.jpg「今週の写真」

百貨店では7月からセールが始まるお店が多いです。
新しいウェアを探しに、是非お越しください!
お待ちしてま~す♪

プレッシャーに打ち勝つゴルフ

6_27_sato.jpegこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ピピゴルフスクール担当の佐藤です。

梅雨独特の湿気が暑苦しく感じますね。水に濡らしたタオルでこまめに顔や腕を拭くと涼しく感じますよ!
実際にレッスン中に実践しておりますが、効果ありです。是非ゴルフ場で試してみてくださいね!

さて先週は、男子ツアーのISPSハンダグローバルカップが開催されました。
プレーオフの末、パク選手が優勝しましたね。
日本勢では唯一、平塚哲二選手が5位タイでトップ10に食い込み、ツアー史上初となる海外勢のトップ10独占(記録が残っている1985年以降)を阻止してくれました。

女子ツアーのアースモンダミンカップでは、イ・ボミ選手が優勝争いのプレッシャーで前日は寝つきが悪く寝不足の中での戦いのようでした。
注目は優勝を決定させた13番ホールの10mのパッティング。ロングパットを打つと、ストロークの幅が大きくなりストローク中に体の動きがブレやすいのですが、イ・ボミ選手はしっかりと下半身が安定していて体幹がブレることなくストロークしていました。
イ・ボミ選手の強さを感じられた瞬間でした!

 

6_27_sato_2.jpg「今週の写真」

ゴルフ場に咲いていた蓮の花です。
写真を撮ろうとして、危うく池に落ちそうになりました(^^;)
 

 

 

 

夏のゴルフは気持ちいいですよ♪

6_27_niimi.jpg皆さん、おはようございます!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGP神宮ゴルフスクール担当の新實です。

先週末は夏本番を思わせる太陽と気温でしたね!今日からまた梅雨空ですが、ゴルフ場へ出掛ける予定の方は熱中症対策をお忘れなく!

さてカメリアヒルズCCで行われた「アースモンダミンカップ」は、単独首位から出たイ・ボミ選手がボギーなしの67でプレー、通算20アンダーまで伸ばし、2位に5打差をつける圧勝で大会2連覇を達成しました!
次は7月7日からの全米女子オープンで、リオデジャネイロ五輪の韓国代表へ向け、闘志を燃やしているそうです!
日本代表は誰になるのか、楽しみですね♪
世界で活躍する姿を応援したいと思います!

そして男子では珍しい事が起きました。
男子ツアー「ISPSハンダグローバルカップ」の3日前、前年優勝者の武藤俊憲選手が後半16番ホール(パー5)で、自身初のアルバトロスを達成しました。
初日には宮本勝昌選手が同じ16番ホールでアルバトロスを決めており、同一週・同一大会では2年振り3例目のアルバトロス複数達成記録となりました。凄いですよね!
以前、女子トーナメントでホールインワンとアルバトロスを同選手が同日に達成する出来事がありましたが、これは技術的な要素もありますが、やはり神様からのご褒美でしょうか!?
狙っても入らない、しかし気持ちのどこかで狙っているのだと思います。
実際に入ると気持ちいいでしょうね。

先日、生徒のSさんからホールインワン達成の報告がありました!
195ヤードを4番アイアンで入れたそうです!聞いている私も嬉しくなるお話でした。
もしキャディさんがついていなかったとしても、周りにいるゴルフ場関係者で見ている方がいたら証明してくれる場合があるそうです。
もしセルフプレーで入った時は、周りに人がいないか探してみてくださいね(^.^)

 

6_27_niimi_2.jpg「今週の写真」

神宮練習場に新しいお花が植えてありました。
鮮やかな色で思わずパシャリ♪

 

ゴルフを含め、スポーツで勝つのは大変です...

6_27_onisi.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン らくらくレッスンプラザGLOBO蘇我校担当の大西です。

昨日は競馬の宝塚記念があったそうで、マリアライトという馬が勝ったそうです。
すみません…競馬はよくわかりません(^^;)
大勝ちした方、大負けした方、色々でしょうが…

さて、先週の女子プロゴルフは「アースモンダミンカップ」で、前週のニチレイレディスに続き千葉県での開催でしたね。
イ・ボミ選手が2位に5打差をつけての圧勝でした。
この大会の入場チケットは、予選ラウンド5000円、決勝ラウンド10000円と少々お高いですが、ギャラリープラザ等にある食事や飲み物がなんと無料でした。
実際に観戦に行かれた方から聞いた話ですが、イ・ボミ選手はどこからでも入れてくる感じがして凄い!と言っていました。食事を食べ過ぎて苦しいとも…(笑)
食べ過ぎには注意ですが、近場のゴルフ場でトーナメントがある場合は是非、観戦に行きましょう!
選手の表情やテレビでは観られない面が観られて勉強になりますよ♪

一方、先週の男子プロゴルフは「ISPSハンダグローバルカップ」が石川県のゴルフ場「朱鷺の台カントリークラブ」で開催され、朴ジュンウォン選手が優勝しました。
トップ10位以内に平塚選手しかいなかったのは残念です。日本ツアーなので、日本人選手にもっと上位にいけるように頑張って欲しいですね。
そういえば…この大会の16番ホールで初日に宮本勝昌選手、3日目に武藤俊憲選手がアルバトロスを達成しました。
ゴルファー保険でも、ホールインワンと同じに保険金が出ますよね。
僕的にはアルバトロスの方が難しい様な(僕がしたことないので…)

 

6_27_onisi_2.jpg「今週の写真」

蘇我駅で撮った「アースモンダミンカップ」のポスターです。
最初、何のポスターか分かりませんでしたが…
これ、カッコ良くないですか!?

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10