ホーム>夕日のバンカー>追悼 ゴルフ界のキング アーノルド・パーマー氏
夕日のバンカー

追悼 ゴルフ界のキング アーノルド・パーマー氏

9_26_kojima.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ工房担当の小島です。

“キング”ことアーノルド・パーマー氏が25日(日)ペンシルバニア州ピッツバーグにある病院で87歳の生涯を終えました。
4大メジャー大会通算7勝を挙げ、世界にゴルフというスポーツを広めた先駆者です。
彼のお蔭で私がゴルフに巡り会えたのかもしれません。
ありがとうございます。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

先日、女性のお客様がクラブフィッティングにいらっしゃいました。
今使われているのが男性用の1Wで、総重量290g台のシャフトだそうですが、もう少し飛ぶ1Wを探していました。
ヘッドスピードは34m/s。
最初はRシャフトを打ってもらったのですが、振り抜きが良くなった反面ボールが右へ飛ぶ様になったので、SRにしたところ弾道がストレートになり飛距離も伸びました。
これは以前、横浜高島屋クラフトマン松苗さんから、シャフトを硬くするとボールは左に飛ぶと教えてもらったからです。
飛距離が伸びた一番の要因はミート率だったと思います。
それまでミート率1.4後半だったのがXXIOのSRにすると1.52まで伸びました。
普段はなかなか女性の方にSRシャフトはお勧め出来ないのですが、これがクラブ選びの楽しさでもあり難しさなんですよね。

さて、トーナメントの方は「ツアー選手権byコカ・コーラ」が開催され、首位と2打差の3位から出たロリー・マキロイ選手が、プレーオフを制して逆転優勝しました。
2000ポイントの加算によりフェデックスランク自身初の年間タイトルと1000万ドル(約10億円)のビッグボーナスを手中に収めました。
女子は「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」が開催されました。
今大会で国内ツアー6連戦目となったイ・ボミ選手は、最終びを「72」で回って通算2アンダーの19位。
彼女がこれだけ連戦を続けている理由は、国内女子ツアーのトーナメント規定で定められた選手の出場義務です。
規定ではディフェンディングチャンピオンの翌年度大会での出場義務と、シード選手が同一大会を2年続けて休む事を禁じています。
いづれも違反したら罰金100万円ですが、罰金以上にルールを破ることへの抵抗が強いのでしょう。
韓国から日本に来て戦っているボミ選手は凄いですよね!!

 

9_26_kojima_2.jpeg「今週の写真」

石川遼選手重永亜斗夢選手が、日本ツアー機構社会貢献活動の一環として、被災地である熊本県の小学校に赴き、子供達とスナッグゴルフを楽しんだそうです。
石川選手は子供達に「何歳になっても挑戦する事を忘れずに、日本を元気にして欲しい」と伝えました♪
 




 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4376