ホーム>夕日のバンカー>トーナメントゴルフの厳しさ!
夕日のバンカー

トーナメントゴルフの厳しさ!

11_28_matunae.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜髙島屋クラブフィッティング工房 クラフトマンの松苗です。

やっと気温もこの時期らしくなり、落ち着いてきましたね。
太陽の暖かさがとても嬉しく感じるゴルフ場へ行けるのも、年内はあと少しです。
年初の目標を達成していない方は、ラストスパートですよ!

さて、先週のゴルフW杯は皆さんも期待して見ていたのではありませんか?
結果は伏兵?のデンマークが優勝で、日本は6位でした・・・。
なんとなくモヤモヤが残ってしまった結果でしたが、やはりゴルフって一筋縄ではいかないものですね。
ダブルス戦の難しさも出てしまったのではないでしょうか?
今回は松山英樹選手の調子が良かった為に、石川遼選手が合わせてしまい、石川選手のアグレッシブさが影を潜めてしまった気もします。
次回も機会があれば、また組んでやりたいと言っていた松山選手のコメントを聞くと、「俺たちはこんなもんじゃない」という悔しさをとても強く感じましたね。
この結果は、松山選手と石川選手を更に強くしてくれることでしょうね。
これからも期待しています。

さて、国内ツアーでは男子ツアーの「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」が開催。
最終日は雨によるコースコンディション不良で中止となり、池田勇太選手が3日目までの結果で優勝となりました。
獲得賞金は満額の4000万円ですが、賞金加算額は75%の3000万円。
賞金王争いは、今週行われる最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に持ち越しになりました。
池田選手が俄然有利ではありますが、谷原選手にもチャンスが無いわけではありません。最後の最後まで楽しませていただきましょう!

一方で、シード権争いは終わってしまいましたね。
女子は約3万円の差でしたが、男子ツアーではもっと厳しい約1万円差で確定しました。
自腹で2万円出すからシード権くださいって、言いたくなってしまいそうですよね(^_^)a

トーナメントという華やかな舞台で戦うプロ達の厳しさを見ることになりますが、シードを獲得出来なかったプロ達は落ち込んでいる暇もなく、直ぐにクォリファイングトーナメント(QT)での戦いが始まります。
来年の出場試合数を獲得する為のトーナメントで、ここでも熾烈な競争があるので、注目して見てくださいo(^_-)O

女子ツアーの最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」が開催。
韓国のキム・ハヌル選手成田美寿々選手の追撃を振り切って、最後のメジャー大会を制しましたね。
やはり、今年も海外選手の強さが目立った1年でしたね。
そんな中で日本人選手として、笠りつ子選手が賞金ランク3位と健闘。他にも、鈴木愛選手菊地絵理香選手もトップ10入りし、若手が台頭してきました。
来年が楽しみなので、みんなで応援しましょう!

 

 

11_28_matunae_2.jpg「今週の写真」

この時期になると、そろそろ家の大掃除を始め出す頃ですよね。
ついでに1年間頑張ってくれた、ゴルフクラブの大掃除をしてみてはいかが?
私もこんな道具を使って手入れしていますよV(^_^)V

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4564