ホーム>夕日のバンカー>ゴルフ界のレジェンドたちが成田ゴルフ倶楽部に集結!
夕日のバンカー

ゴルフ界のレジェンドたちが成田ゴルフ倶楽部に集結!

9_11_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 名古屋ウエストゴルフスクール担当の玉木です。

先週は、成田ゴルフ倶楽部において、歴史的なツアーが開催されました。
それは、PGA  TOUR  チャンピオンズの「JAL 選手権」
トム・ワトソン選手を筆頭に、世界ゴルフ殿堂入りした32名の選手を含め、世界のゴルフ界のレジェンド達と日本からの6名の招待選手を迎えて開催されました。
ゴルフ界の時代を担ってきたレジェンド達を間近で見られたギャラリーの皆さまには嫉妬を覚えつつ、日本で開催というこの歴史的快挙を、今年限りではなく、来年も是非とも開催していただきたく思います。

さて、国内ゴルフツアーは、男女共にツアー最高賞金の熱い戦いがありました。
男子ツアーでは、「ISPSハンダマッチプレー選手権」の決勝が、浜野ゴルフ倶楽部で開催され、片山晋呉選手が7日間、104名の戦いを制し初代王者に輝きました。
私がゴルフを始めた時代は、マッチプレーはゴルフツアーの華型であり、4大メジャーの1つにもなっていました。
やはり、破れた選手が消えていく状況など、いつの間にかマッチプレーの存在が薄くなっていきました。
元々ゴルフはマッチプレーが原点であり、選手個々のレベルアップ、ツアーの盛り上がりにも繋がります。
今回の高額賞金で選手の士気も高まり、海外選手などが参加できれば、さらにツアーの盛り上がりも期待できます。
来年の大会を大いに期待しております。
国内女子ツアーのメジャー2戦目の「第50回日本女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯」が、安比高原ゴルフクラブで開催されました。
メジャーらしいセッティングのなか、技術の勝負となりましたが、最高賞金を手にしたのは、ベテランの李知姫選手でした。
ツアー初優勝を狙った東浩子選手は、残念ながら及びませんでしたが、初の賞金シードを確実と致しました。

いよいよ今週は、松山英樹選手が「米男子ツアー年間王者」に向け第3戦「BMW選手権」が開幕致します。
最終戦前に、松山選手らしいプレーを期待しています。
そして、米女子ツアーでも、引退を表明している宮里藍選手の最後の大会となるエビアン選手権が開幕です。
今週は、どのツアーも目の離せない戦いが待っています。
楽しみの多い週末を迎えたいですね。

 

 

 

9_11_tamaki_2.jpg【今週の写真】

秋の味覚「秋刀魚!」の美味しい季節がやってきました。
昨年より不漁が続き、価格も高騰している状況があるなか、昨日は、やや小ぶりの秋刀魚でしたが、美味しくいただくことができました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5465