ホーム>夕日のバンカー>ゴルフは攻めと守りの判断が重要です!
夕日のバンカー

ゴルフは攻めと守りの判断が重要です!

6_11_yajima.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン メガロスクロス立川24店 南館ゴルフスクール担当の矢嶋です。

いよいよ今週は、世界四代メジャー大会の第2戦「全米オープン」が開催されます!
昨年の全米オープンでは、松山プロが2位になりましたので、今年も注目したいです。
全米オープンと聞きますと、ゴルフ場の難易度の高さ、壮絶に深いラフが連想されますが、先日スクール会員のお客様から、グリーン奥の深いラフからのアプローチの場面でトラブルになり、大叩きをしてしまったそうなのですが、そのような場面からは、どのように寄せればよいのですか?というご質問をいただきました。
ゴルフにおいて、さまざまな場面があると思いますが、ここはピンに寄せる事をキッパリとあきらめ、グリーンに乗せるだけと判断をし、時には逃げることもスコアをまとめるためのポイントだと思います。
そのためにもアプローチの場面では、「寄せるのかor乗せるのか」のジャッジを最初に決めることです!
ゴルフは18Hの長丁場です。合言葉は「急がば回れを忘れ」です!

 

 

6_11_yajima_2.jpg【今週の写真】

私の宝物の一つです。
アメリカの「ペブルビーチゴルフリンクス」のボールマーカーです!
ペブルビーチゴルフリンクスでのプレーは、現地に行くか又はゴルフおもてなしサロン茅場町STUDIOでもシミュレーションラウンドが出来ますよ♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6311