ホーム>夕日のバンカー>畑岡奈紗選手!米女子ツアー初優勝‼
夕日のバンカー

畑岡奈紗選手!米女子ツアー初優勝‼

6_25_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の玉木です。

月曜日の朝、米女子ツアーから嬉しいニュースが届きました。
米女子ツアーに参戦し、今年はプレーオフ進出を果たし優勝争いを演じる活躍、そして、ここ数試合は上位に顔を出し、初優勝間近と思われていた畑岡奈紗選手が、ついにその優勝が現実のものとなりました。
今回出場した「アーカンソー選手権」において、最終日を首位で迎え、優勝争いをするどころかコースレコードを更新するゴルフで、2位に6打差をつけ圧巻の初優勝を果たしました。
日本では大きな偉業を成し遂げた畑岡選手でしたが、米ツアーという世界の壁はそう簡単に越えられない状況がありながら、まだ10代での優勝という偉業は、日本人にとっては初めての快挙です。
宮里藍選手が引退した今、ポスト宮里藍としての存在が期待されます。
実績はこれからですが、頑張って米女子ツアーの顔としての地位を築いていただきたいと思います。

さて、国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」が、福島県のグランディ那須白河ゴルフクラブで開催されました。
ダンロップ契約のホストプロ、秋吉翔太選手が逆転で2勝目を飾りました。
5月にミズノオープンで初優勝を果たし、全英オープン全米オープンの出場権を獲得し出場した全米オープンでは、米メジャーの洗礼を受けた秋吉選手でしたが、それを今回の優勝という結果に結びつけました。
7月の全英オープンももう間近ということで、秋吉選手にとってのこの2ヶ月での経験は、プロゴルファーにとっては、誰も経験することができないかけがえのない経験として、男子ツアーを盛り上げる存在の選手になっていっていただきたいと思います。

国内女子ツアーは「アース・モンダミンカップ」が、千葉県のカメリアヒルズカントリークラブで開催され、成田美寿々選手サントリーレディースに続く2勝目を飾りました。
鈴木愛選手の猛追も及びませんでした。
しかしここ数試合、鈴木選手・成田選手で優勝を分けている状況ですが、黄金世代の優勝など、韓国勢が圧倒していた女子ツアーの変化が伺い知れます。

シニアツアーでは、公式戦の「日本プロゴルフグランド・ゴールドシニア選手権 ゴルフパートナーカップ2018 」が開催されました。
2日間競技でしたが、室田淳選手がトータル10アンダーで優勝を果たしました。室田選手の優勝スピーチでは、「みなさんゴルフをしてください・・・」というゴルフ人口が少なくなっていることを懸念するコメントが話されていました。我々も同じ職業人として、このことを重く受け止め、1人でも多くの方々がゴルフを楽しんでいただく環境作りに、更に努力しなければと思いました。

 

 

 

6_25_tamaki_2.jpg【今週の写真】

この度、コースデビュー‼︎ を迎えたSさん。
今回は、お父様が一緒に付き添っていただきました。
仲良く親子でゴルフ、良いですね。
デビューながら、ドライバーがきちんと当たり、皆さん驚きのラウンドでした。
これから、沢山コースに出て沢山ゴルフを楽しんでいただきたいと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6362