ホーム>夕日のバンカー>日本女子ゴルフ界の世代交代
夕日のバンカー

日本女子ゴルフ界の世代交代

6_25_kojima.jpg皆さん こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ工房担当の小島です。

「サッカーワールドカップ」国際サッカー連盟(FIFA)は25日、スイス代表MFシャキリ 選手、MFシャカ 選手DFリヒトシュタイナー 選手を、5千~1万スイスフラン(55万~110万円)の罰金処分にしたと発表しました。
3人は、22日の1次リーグE組のセルビア戦で得点を決めた後に、胸の前で、広げた両手を親指で交差させ、鳥が羽ばたくように指を動かしました。これをアルバニア国旗に描かれる双頭の鷲(ワシ)を連想させFIFA規律委員会は、この行為が反スポーツ的行為にあたると判断したからです。
シャキリ選手とシャカ選手は、アルバニア系スイス人で、旧ユーゴスラビアのコソボにルーツを持ちます。
コソボの独立を認めていない同じ旧ユーゴの対戦国セルビアへの挑発だったのかと憶測されています。
シャキリ選手とシャカ選手は、1990年代の紛争によって家族がコソボでの居場所を失い、移民としてスイスで暮らしてきました。
W杯の欧州予選でアルバニアと対戦したときは、故国に背を向けたと相手サポーターから突き刺さるようなブーイングも浴びたそうです。
ワールドカップに出場する選手達は、色々な思いがあって参加しているのですね。
きっとその強い思いが、日々の練習や試合に注がれ世界の舞台で輝き我々に感動を与えてくれるのでしょう!
ワールドカップ、まだまだ眠れない戦いが続きます。(ノД`)Zzz…

「ウォルマート NW アーカンソー選手権 by P&G」首位タイから出た畑岡 奈紗 選手が、通算21アンダーで初優勝しました!
ミンジー・リー 選手レキシー・トンプソン 選手に競り勝ち、昨年に現役を引退した宮里 藍 氏が、2012年にキャリア最後の優勝を果たした大会で悲願を達成しました。
幼少期から、米ツアーで活躍した宮里 氏に憧れ、夢を抱き海を渡ったのが18歳。言葉の壁、文化の違い、生活環境にも適応できずに挑戦した米国は苦難の連続だったそうです。
しかし、宮里 氏や先輩達の助言に支えてもらい、徐々に自らの持ち味を発揮し始めた今季。
宮里 氏 以来、6年ぶりの大会日本人優勝者となりました。
「私はずっと藍さんを目標にやってきた。バトンを引き継いでいきたい」と胸を張る畑岡 選手。
10代での米国ツアー優勝は、今後の世界メジャータイトルが期待できます!

 

 

6_25_kojima_2.jpg【今週の写真】

上記、スイスのサッカー選手が行なった鷲(ワシ)のポーズが問題となりましたが、鷲を英語で言うと「イーグル」です…
そう!イーグルは、ゴルフで良いスコアの名称ですよね。そんなイーグルをモチーフにしたリベルタスゴルフィーノの「イーグルシルバーマーカー」です。
シルバー製のベースに、スワロフスキークリスタルを配したこのゴルフマーカー、ゴルフ好きの方へのプレゼントに如何でしょうか。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6363