ホーム>夕日のバンカー>記録ずくめとなった先週のゴルフトーナメント
夕日のバンカー

記録ずくめとなった先週のゴルフトーナメント

6_25_hotta1.jpgおはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 越谷ゴルフスクール担当の堀田です。

サッカーのワールドカップロシア大会で日本やりました!ポーランド戦では敗れてしまいましたが2大会ぶりの決勝トーナメント進出となりました。
次回は72日のベルギー戦。
頑張れ日本!

 さて、国内男子ツアーの「ダンロップ・スリクソン福島オープン」は、秋吉翔太選手が最終日64で回り、通算20アンダーで5月の「ミズノオープン」に次ぐツアー2勝目を挙げました。
一週間前は「全米オープン」で予選落ち。
しかし練習場で海外トップ選手達の打ち方やアプローチを研究したようで、その成果が直ぐに役立ち、松山選手が持っていた初優勝から2勝目の日本人最短記録を更新しました。

また、国内女子ツアーの「アース・モンダミンカップ」成田美寿々選手が第2日から首位を守り今季2勝目を挙げました。
また、最終日のベストスコアとなる66をマークし単独の2位となった鈴木愛選手は、今季11試合目で獲得賞金1憶円を突破。
2016年のイ・ボミ選手14試合を抜く、史上最速記録となりました。

そして、海外からも新記録の吉報が。
米女子ツアーの「ウォルマートNWアーカンソー選手権」畑岡奈紗選手が大会記録となる通算21アンダーで米ツアー初優勝!
195ヶ月での米ツアー制覇は、日本人選手の最年少記録となりました。

記録ずくめとなった先週のゴルフトーナメント。
まだまだ新しい記録が誕生するのを楽しみにしたいですね♪

 

 

6_25_hotta.jpg【今週の写真】

先日行った熱海にある神社の鳥居の柱を見ると、見覚えのある名前が!?
思わず1枚撮らしてもらいました。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6367