ホーム>夕日のバンカー>夏のゴルフでベストスコア!
夕日のバンカー

夏のゴルフでベストスコア!

7_9_kobayasi.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 名古屋ウエストゴルフスクール担当の小林です。

先週は、想像もつかないような雨が降り、大きな災害が各地で起こりました。
被害に遭われた皆様、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

天候が良かったとしても、湿気が高く、体調管理が難しいです。
汗をたくさんかきますので、水分補給にはお気をつけ下さい。

ゴルフの練習でも、運動時には体温が上昇し、日常生活よりも多くの汗をかきます。そのため、水分を多く消費してしまいます。
特に夏は気温が上昇することで、より多くの水分が失われます。

運動前後の体重減少量が2%以上になると、持久力や判断力が低下し、さらにひどい場合には体温調節がうまくできずに、熱中症に陥る恐れもあるそうです。
くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。

さて、この時期はゴルフ場でのラウンドも増えて来ていると思います。
先週に続きラフ対応の続きをご紹介します。

ラフからのショットは、意外とフェアウェイウッドを活用してラフからでも打てるケースは多いのです。
アイアンに比べてフェアウェイウッドはソールが滑りやすいからです。
距離が残っている場合はファウェイウッドで素振りをして、打てそうか確認してください。
「ラフは難しいから刻む」という考えも良いですが、抵抗がそれほど大きくないなら「フェアウェイウッドで攻める」のも良いでしょう。

様々な状況に対応するショットを見極めて対応し、ベストスコアを目指してください。
次回もまた、皆さんのゴルフに役立つお話をしたいと思います。

 

 

7_9_kobayasi_2.jpg【今週の写真】

夏の陽気になった名古屋ウエストゴルフクラブの風景です。
夏の空になってきましたね♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6407