ホーム>夕日のバンカー>ゴルフ プロテスト
夕日のバンカー

ゴルフ プロテスト

8_6_suganuma.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン リバティヒルクラブ ゴルフアカデミー担当の菅沼です。

早い梅雨明け、猛暑そして7月の台風が関東直撃と、地球温暖化の影響を受けた夏と言えるでしょう。
最近は、色々なゴルフ場で早朝スループレーなどもあるので、暑い時間を避けてのゴルフもいいですね♪

さて、JLPGAのプロテストが行われました。
来年のツアー出場の予選会には正会員のみになるので、今年のプロテストにはツアーのシード選手も参加していました。
個人的には、この新システムには疑問がありますが、プロテスト合格者には今後の活躍を期待したいですね!

 

 

 

 

8_6_suganuma_2.jpg【今週の写真】

前回からの続きの、飛距離UPの三要素の話をします。
ドライバーの飛距離UPには、低スピン・高打ち出し・高初速が必要ですが、重心の少し上でヒットすると低スピン・高打ち出しになります。
初速を上げるには重心でヒットした方がいいのです。
しかも、ロフトは少し立てた方が初速は上がります。
しかし、ロフトを立てると打ち出し角は低くなります。
実は、三要素の矛盾が此処にあります。
次回からは、この矛盾の解決策?を話したいと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6495