ホーム>夕日のバンカー>畑岡奈紗選手、今季米ツアー2勝目!
夕日のバンカー

畑岡奈紗選手、今季米ツアー2勝目!

2018_11_5_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の玉木です。

11月より東京転勤となり、再び担当となった施設、新たに担当となった施設共に、久しぶりの再会、新たな出会いに感謝の想いと、共にゴルフを歩める楽しさが募っています。
そして、久しぶりの電車通勤もフレッシュで楽しい時間を過ごさせていただいております。
これからも皆さまが、ゴルフを大いに楽しんでいただけることに全力で取り組んで参ります。

さて、国内男子ツアーは「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」が、沖縄県のPGM リゾート沖縄で開催され、南アフリカのショーン・ノリス選手が、最終ホールを劇的なイーグルを奪い、トップで上がっていた片岡大育選手を振り切り、今期初優勝を飾りました。
ショーン・ノリス選手は今大会まで、平均ストローク1位、パーキープ率2位と、安定したプレーを続けていただけに、嬉しい勝利となったとの思いです。
いよいよ今週は、三井住友VISA太平洋マスターズで、松山英樹選手が今年の日本ツアー初参戦を致します。
アマチュア優勝を果たした今大会でどんなプレーを見せるのか、今年の男子ツアーで最も盛り上がる大会になるのではないでしょうか。

国内女子ツアーでは、米女子ツアーにもなっている「TOTO ジャパンクラシック」が、滋賀県の瀬田ゴルフコース 北コースで開催され、畑岡奈紗選手が逆転で米女子ツアー2勝目を飾り、10代での複数勝利は新たな歴史を刻みました。
最終日トップででたミンジー・リー選手、世界ランク1位のアリヤ・ジュタヌガン選手、日本のランク1位のアン・ソンジュ選手など、強豪の優勝候補を抑えての勝利は、これからの活躍がますます楽しみな状況です。
今回の勝利でワールドランクも自己最高の7位となり、頂上も見えてきたとの思いです。まだ10代の畑岡選手の進化はとどまることを知りません。宮里藍選手以来のランク1位も近い将来かもしれません。

 

 

 

 

2018_11_5_tamaki_2.jpg【今週の写真】

久しぶりの電車通勤。
朝は混雑しておりますが、車通勤にはない時を過ごすことができ、新鮮な感じです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/6762