ホーム>夕日のバンカー>ゴルフ新ルール
夕日のバンカー

ゴルフ新ルール

2019_2_25_sato.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGP柏井ゴルフスクール担当の佐藤です。

日中暖かい日が続き、練習場では半袖で練習する姿を見かけるようになり、春はもうすぐですね!

さて、男子ツアーのWGC メキシコ選手権では、リッキー・ファウラー選手が今年から採用の新ルールの犠牲となってしまいました。
10番ホールの2打目でシャンクしてしまい、OBになり打ち直しのドロップの際に膝の高さからのはずが肩からの高さからドロップをしてしまい、そのまま再ドロップせずに4打目を打ってしまったため、結果は追加のペナルティー1罰打を科せられてしまう状況になってしまいました。
仮に打つ前に膝の高さからのやり直しのドロップしていればペナルティーは無かったのですが、シャンクしてOBで頭が真っ白の状態で長年の習慣で肩からの高さでドロップをしてしまったようですね!
私たちも長年の習慣から、膝からの高さからのドロップは違和感があるので気をつけてプレーしないといけないですね!

 

 

 

 

2019_2_25_sato_2.jpg【今週の写真】

写真のシャフトの数字は、ダンロップが採用するインターナショナルフレックスコードです。
シャフトの硬さの目安になりますので、ダンロップのクラブをお持ちの方は幕忍してみてください!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/7115