ホーム>夕日のバンカー>ゴルフクラブの長さと慣性モーメント
夕日のバンカー

ゴルフクラブの長さと慣性モーメント

2019_8_19_suganuma.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGPウィンズゴルフスクール担当の菅沼です。

暑さは、まだまだ続きそうですね。
ゴルフ場でのプレーやレンジでの練習では、しっかり水分補給しながらゴルフを楽しみたいですね。
熱中症予防には、水分だけでなく塩分補給も忘れないようにしたいところです。

さて、日本女子ツアーのNEC軽井沢72ゴルフトーナメントが、軽井沢72ゴルフ北コースで行われ、穴井詩選手がプレーオフを制して優勝しました。
穴井詩選手は、抜群の飛距離でアグレッシブなプレーを魅せてくれる選手です。
今後も、その飛距離を武器にした活躍に期待します。

 

 

 

2019_8_19_suganuma_2.jpg【今週の写真】

前回、クラブ全体の慣性モーメントが大きくなるとクラブの振り感が重く感じる話をしました。
では、クラブ全体の慣性モーメントにはどういう要素が主に関係しているかという事です。
まず、 当然ですがクラブの重量が重いとクラブ全体の慣性モーメントが大きくなります。そしてクラブが長いほど慣性モーメントが大きくなります。
すなわち、重量フローをさせるとクラブ全体の慣性モーメントも揃い振り感を揃える事に繋がります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/7647