ホーム>夕日のバンカー>日本シニアオープンゴルフ選手権
夕日のバンカー

日本シニアオープンゴルフ選手権

2019_9_16_fujioka.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

2019年の国内シニアのナショナルタイトルを争うメジャーが本日開幕しました。
プラヤド・マークセン選手が、青木功選手に並ぶ大会史上最多の4連覇(1994年から97年)をかけてのティオフです。シニア入りして間もないルーキー選手の活躍も注目されています。

北海道のニドムクラシックで開催された前年、2位に終わったのは同大会でシニアデビューした谷口徹選手でした。今季もここまで主戦場とするレギュラーツアーで10試合に出場。シニア初戦となった4月の開幕戦「金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント」を制した手嶋多一選手同様、“若い力”に打倒マークセン選手の期待がかかります。
ベテランの倉本昌弘選手室田淳選手はともに大会3勝目を狙う存在です。本格参戦2年目の伊澤利光選手はシニア初勝利が早く欲しいところです。今季は4月に深堀圭一郎選手、8月には塚田好宣選手がデビュー。注目選手が続々と新しいステージに階段を上っています。
前週の「コマツオープン」に出場した丸山茂樹選手は右股関節痛でエントリーを取り消されました。50歳近くなってきますと若いときと違い身体との対話が大切になってきますね。
各プロゴルフ団体が、一丸となって日本のゴルフ界を盛り上げて頂きたいと思います。

 

 

 

2019_9_16_fujioka_2.jpg【今週の写真】

秋のゴルフシーズンに向け、スイングの再チェックをしましょう!
お待ちしております!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/7726