ホーム>夕日のバンカー>女子ゴルフツアー今年の初戦!渡辺彩香選手が復活優勝!
夕日のバンカー

女子ゴルフツアー今年の初戦!渡辺彩香選手が復活優勝!

2020_6_29_tamaki.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 日本橋高島屋ゴルフ工房担当の玉木です。

先日、東京ディズニーランドが再開されました。楽しみにされていた皆さんは、非常に多かったこととの想いです。
そして、プロ野球の有観客試合の解禁も近付いていますが、徐々に増えつつあったコロナウイルスの感染者は、2日続きの3桁の感染者数の発表となってしまいました。徐々に、自粛モードと手洗い・うがい・マスクの励行が薄れていく状況もあり、今後の心配は募りますが、再びの緊急事態宣言とならないよう祈るばかりです。
答えのない状況ですが、気を許すことのなく、毎日の検温と感染症対策を励行して参ります。

さて、4カ月遅れで再開された国内女子ツアー初戦「アース・モンダミンカップ」は、最終ラウンドは悪天候のため翌日に持ち越され、延長戦での決着となりました。
4打差4位で出た女王・鈴木愛選手と復活優勝を目指す渡邉彩香選手が首位に並び、プレーオフとなる展開になりました。首位でスタートした田中瑞希選手は、残念ながら1打届かずでした。結果は、復活にかける執念とも感じたバーディを決めた渡邉彩香選手が、見事な復活優勝を果たしました。
今大会では、プレーオフとなった2選手の他に、プロデビュー戦となり最終日最終組でプレーした18歳の西郷真央選手、昨年プロテストに合格したばかりの笹生優花選手が上位に入る活躍をしました。
試合の度にスターが誕生する国内女子ツアーですが、7月の試合は全て中止となり、次戦は8月になる、まだ可能性のようですが、コロナウイルスの収束と8月での次戦開催を願っています。

 

 

 

 

 

2020_6_29_tamaki_2.jpg【今週の写真】

YouTubeのゴルフチャンネル「ゴルフドクター松尾TV」今回の史恵の部屋では、「ゴルフのレベルアップ編」がアップされました。
スイングにおけるテークバックの大切さ故に、テークバックの仕方一つでスイングが劇的に変化することが紹介されています。
長年スライスが治らないというようなお悩みの方は、沢山いらっしゃる思いますが、今回は必見です!


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8485