ホーム>夕日のバンカー>国内男子「日本オープンゴルフ選手権」
夕日のバンカー

国内男子「日本オープンゴルフ選手権」

2020_10_12_fujioka.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

今季国内メジャー初戦「日本オープン」が15日から千葉・紫CC、すみれコース(千葉)、7317yd(パー70)で開催されます。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会の中止が相次ぎ、男子ツアーは9月「フジサンケイクラシック」が国内初戦となり、今大会が2戦目となります。
福岡の古賀GCで行われた前年大会はチャン・キム選手が最終日に8バーディ、4ボギーの「67」でプレー、通算1オーバーでスタート時の8打差17位から逆転優勝を飾りました。最終18ホールを残して4打差首位から出た塩見好輝選手は終盤で2度のトリプルボギーをたたくなど「79」と崩れました。
今大会はディフェンディングチャンピオンのキム選手ら海外在住の選手は入国制限により残念ながら不在です。大会開催前に予定していたプロアマ戦や歴代覇者が集うチャンピオンズディナーも取りやめとなりました。賞金総額は当初予定から25%減額の1億5750万円(優勝3150万円)での開催となります。
今月2日にプロ転向宣言した金谷拓実選手はデビュー戦を迎えます。
予選ラウンドは今季国内初戦覇者の星野陸也選手石川遼選手と同組でプレーします。昨季の「三井住友VISA太平洋マスターズ」松山英樹選手以来、史上4人目のアマチュア優勝を果たすなど実績は十分です。今季アマで出場した「フジサンケイクラシック」では5位に入っています。アマチュア世界ランキング1位から転身した22歳の活躍に期待したいです。
他注目されるのは、昨季賞金王の今平周吾選手池田勇太選手宮里優作選手らプロ102人、桂川有人アマら有力アマチュア18人を合わせて120人で競われます。

 

 

 

 

2020_10_12_fujioka_2.jpg【今週の写真】

横浜タカシマヤスタジオでは感染対策を十分に行っております。
無料体験レッスンを随時実施しておりますので、お気軽にお越しください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8683