ホーム>夕日のバンカー>冬場のアプローチ
夕日のバンカー

冬場のアプローチ

2021_1_18_sato.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ダンロップゴルフスクール サンランド船橋校担当の佐藤です。

冬場のラウンドでは、フェアウェイよりラフの方がボールが浮いて打ちやすいケースが有ります。
アプローチも同じで、花道からフェアウェイの芝が薄い状況ではウェッジより8番か9番でランニングアプローチの方がミスショットは減らせると思います。
ラフからのアプローチも、無理に高く上げなくて良い状況でしたらPWかAWなどで打つ方寄せやすいと思います。
後はライの状態の把握とグリーンの大まかな傾斜を見定めて、ボールの落とし所を明確に決め手打つとアプローチが寄るようになりますのでラウンドが近い方は試してみて下さい!

 

 

 

 

2021_1_18_sato_2.jpg【今週の写真】

冬場のうちに、アプローチを徹底的に特訓しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8888