ホーム>夕日のバンカー>ラフからのアプローチ
夕日のバンカー

ラフからのアプローチ

2021y09m12d_210749082.jpg皆さん、こんにちは。
ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGPウィンズゴルフスクール担当の首藤です。

今週は国内女子ツアーは、日本女子プロ選手権です。メジャー大会だけに、渋野日向子選手やAIGオープン出場から2週間の隔離生活を終えての原英莉花選手とこの試合にむけて多くの女子プロゴルファーが出場しています。今年のタイトルの行方も誰が手にするのか楽しみですね。
今の時期のラウンドはグリーン周り、ラフからのアプローチに苦しめられた(^_^;)との生徒さんからの声が多かったので、ワンポイントアドバイスです。ボールが半分くらい見え、芝も密集しているラフの状況では、SWを持ってフェースを開いて、芝の手前から滑らせるように振って下さい。鋭角に入れたくなりますがザックリになりやすくなりますし、仮にボールにコンタクトできても出球が強くなるので寄せづらいと思います。ヘッドスピードが減速すると芝の抵抗に打ち負けてしまうので、グリップをしっかり握って、緩まないように大きくゆっくり振るのがポイントですね。
ラフは状況判断が大きなポイントとなります。細いところは担当プロに聞いてみて下さい(^_-)


2021y09m12d_210737850.jpg【今週の写真】
休日の朝、近所をウォーキングしていたら・・・虹が出て綺麗でした!
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9328