ホーム>夕日のバンカー>女子の世界ランク発表
夕日のバンカー

女子の世界ランク発表

2021_9_20_fujioka.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

 

20日付の女子世界ランキングが発表されました。
前週の国内女子ツアー「住友生命 Vitality レディス 東海クラシック」で通算3勝目を飾った西村優菜選手が、13ランク上げて55位となりました。
同大会2位の植竹希望選手22ランクアップの115位と大きく上昇、今年初のトップ5入りとなる4位に入った渋野日向子選手2つ上げて46位と順位を上げました。
アメリカ女子ツアー「キャンビア ポートランドクラシック」で今季2勝目を挙げたコ・ジンヨン選手2位のままで、1位のネリー・コルダ選手3位の朴仁妃選手4位のキム・セヨン選手と上位4人は変わらずで、2つ上げたキム・ヒョージュ選手)が5位に入り、トップ5は韓国勢4人が占めています。
笹生優花選手1つ下げて7位、畑岡奈紗選手11位のまま、稲見萌寧選手1つ下げて17位となりました。古江彩佳選手27位(変動なし)で続いています。
日本の女子選手たちが、一日も早く世界ランクの上位に名前が並ぶことを楽しみにしています。

東京都では、毎日の感染者数が減ってはきていますが、日常生活では、まだ気を許さないようにし手洗い、うがいをしっかりして引き続きコロナに気を付けて生活していきましょう。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9349