ホーム>日刊ゲンダイ(松尾貴將)

日刊ゲンダイ(松尾貴將)

連載1 「ロングパットの距離感を養う方法」

連載1 「ロングパットの距離感を養う方法」

Q:ロングパットの距離感が合わなくてスリーパットしてしまいます。スタート前の練習ではうまく打ててもコースに出るとなかなか寄りません。ロングパットの距離感のつかみ方を教えてください。

A:パッティングの練習には「ブロックド練習」と「ランダム練習」2つの方法があります。ブロックは「固める」という意味ですから、同じストロークで同じ距離を打つ能力を養うための練習です。同じストロークで何回打っても同じ所にボールを止める練習です。これをカップのないところでやります。3メートルでも5メートルでも、そこに止めようと思って同じストロークで同じところにボールを集める練習です。10回打ったら10回とも50センチ以内に集まれば合格です。同じストロークでスイートスポットでボールをとらえる感覚を耳と手で感じ取るようにします。ブロックド練習は家の中でも出来ます。そうして、ストロークを固めたら、次は5メートル・15メートル・10メートルというように一球ごとに距離を変えて打ちます。これが「ランダム練習」で、ロングパットの距離感をつかむための練習です。これもカップのないところで行います。徐々に距離を伸ばしていくのではなく、最初に5メートルを打ったら次は15メートル、それから10メートルというように一球ごとに変化をつけて練習します。カップに向かって同じところからいくら練習してもロングパットの距離感はよくなりません。ロングパットは左右どちらかに切れる(曲がる)のが普通ですが、その場合はカップをどちらかにずらして真っ直ぐ打っていきます。曲がるラインはないと思って直線的に打っていくのです。左から右に切れると思ったら左側にカップを想定して真っ直ぐなラインをイメージし、そこへ真っ直ぐ構えて真っ直ぐ打っていくわけです。ラインを曲げて考えてはいけません。
 

 

連載2 「アプローチのダフリ・トップは右足体重が最大原因」

連載2 「アプローチのダフリ・トップは右足体重が最大原因」

Q:アプローチをよくダフるのですぐダブルボギーになります。トップしてグリーンをオーバーし、トリプルボギーをたたくこともあります。ダフリ・トップはボールを上げようとするためだといわれているので、手首を使わないように気をつけているのですがそれでもしゃくり上げているといわれています。

 A:右足を軸にして頭をボールの後ろに残して打とうとしているのではないでしょうか?右足体重で頭がボールの後ろに来るとアプローチはスイングの最低点がボールの手前に来るのでよくダフります。ヘッドがはねてボールの頭に当たりトップすることもあります。ピッチエンドランがアプローチの基本なので、右足寄りに置いて、左足に体重をかけます。それで頭はボールの後ろではなく前(左)からボールの上に構えること。ボールを右足寄りに置いてもボールの後ろに頭を構えると体重が右足にかかるので、これがダフリ・トップの一番の原因です。ボールを右足寄りに置いて、それより前(左)に頭を構えると体重は左足にかかるので左サイドを軸にしてスイングすることができます。そうすると、ボールをヒットしてから芝が削り取られるのでダフリ・トップはなくなります。ボールを右足寄りに置いて左足を軸にして構えると手がボールの前(左)に出て、いわゆるハンドファーストの構えになります。ヘッドより手が前に出るとロフトが立つので、そのまま手を先行させてインパクトすればダフリ・トップの心配はまずありません。アプローチの距離感はピンまでの距離ではなくボールを落とす位置までの距離でつかみます。したがって、アプローチは狙ったところに落とす練習が大事なので、これは練習場でもできます。最初は10発打ったら10発とも同じところに同じスイングで落とせるように練習し、今度はいろいろ距離を変えて、そこへ落とす練習をします。練習場で思ったところにボールを落とせるようになればコースでも距離感をつかむことができます。

連載3 「アプローチ3種伝授」

連載3 「アプローチ3種伝授」

Q:アプローチにはピッチショット・ピッチエンドラン・ランニングの3つがあるといわれていますが、それぞれの打ち方とクラブの使い分けを教えてください。

 A:ボールを高く上げてピンの近くに落とすのがピッチショット、低い弾道でピンの手前に落として転がすのがピッチエンドラン、初めから転がして寄せるのがランニングと分けられているけれども、まったく違った打ち方をしているわけではありません。ボールの高さと落ちてからの転がり方は違っても、それぞれに特有の打ち方があると考えるとアプローチは難しくなります。ピッチエンドランがアプローチの基本で、ピッチショットはその応用です。ボールの位置を変えれば同じクラブで同じ打ち方をしても弾道の高さは違ってきます。左足を引いて軽いオープンスタンスにし、左足に体重をかけて左サイドを軸にして打つのがアプローチの基本。ピッチングウェッジを使ってボールの位置を変えて打ってみてください。スタンスの真ん中あるいは、やや右足寄りにボールを置いて手をヘッドより前(左)に構えるとフェースが少し閉じてピッチングウェッジが9番アイアンと同じくらいのロフトになります。それで左足に体重をかけたまま打つとボールはあまり上がらず、落ちてから転がります。ボールをもっと右に置いて手を左に構えるとピッチングウェッジが8番アイアンに近いロフトになるのでボールはさらに低く出ていって転がりも多くなります。打ち方は同じでもボールを真ん中あるいはやや右足寄りに置けばランニングというようにボールの高さと落ちてからの転がる距離も違ってくるのです。オープンスタンスでボールを左足寄りに置けば、打ち方は同じでもピッチングウェッジのロフト通りにボールは高く上がります。状況によってクラブを使い分けるよりピッチングウェッジ1本でボールの位置を変えるほうがアプローチはやさしくなります。

左サイドを軸にして打つのはどれも同じ

  • 左足前にボールをセットすればピッチショット
  • 体の真ん中にセットすればピッチエンドラン
  • 右足前にセットすればランニング

連載4 「アプローチでは、同じ大きさのバックスイングでも手首を使えば距離が変わってしまう」

連載4 「アプローチでは、同じ大きさのバックスイングでも手首を使えば距離が変わってしまう」

Q:アプローチの距離感は「バックスイングの大きさで調節する」よく書いてありますが、距離に合ったバックスイングがなかなか出来ません。腰の辺りまで上げようと思ってもだいぶ上がり過ぎるために打ち過ぎてグリーンをオーバーしたり、オーバーさせないようにしようと思うと今度はインパクトで加減してザックリやったり、トップすることもあります。

A:5ヤード位先のカゴに向かってボールをトスしようとするときは、誰でも下から放ります。オーバーハンドで投げる人はいません。10ヤード位になると女性は上から投げる人も出てきますが、そのくらいの距離なら男性はやはり下から放ります。ボールをトスするとき、バックスイングの大きさを考えている人はまずいないと思います。意識はボールを入れようとするカゴのほうに行っていて、そこへ向かって腕を振ってやることしか考えていないはずです。アプローチもそれとまったく同じです。ボールを打つというよりクラブを振ってボールを放ってやるような感覚です。パッティングには「ブロックド練習」というのがあるといいました。一定のストロークで一定の距離を打つ練習です。思ったところに同じストロークでボールを止める練習です。これは、アプローチの練習にもいえることです。5ヤードぐらい先に向かって同じスイングをしてボールを落とす練習をします。ボールを打つのではなく腕を左右にスイングしてクラブでボールを放ってやり、5ヤード先に落とす練習です。ボールをトスするとき、テークバックでは右手の甲のほうに手首が少しコックされています。それで放ってやるときは、そのまま右手のひらを目標に向けて放ってやります。この右手の使い方はアプローチをするときもまったく同じです。テークバックするときは右手の甲のほうに手首は多少コックされますが、目標へ振ってやるときに手首を使ったら、狙ったところにボールを落とすことは出来ません。右手首は伸ばさずに少し曲げたまま振り抜いてやります。

 

連載5 「アプローチ練習はクオータースイングから始める」

連載5 「アプローチ練習はクオータースイングから始める」

Q:練習場で200球打つとしたら50球くらいはアプローチをやるようにしています。だけどもコースに出ると相変わらずダフリが多く、距離感も合いません。練習場でアプローチが上手くなる方法はないでしょうk?

 A:ピッチングウエッジかアプローチサンドで、まずクオーター(4分の1)スイングから始めます。ヒザと腰の間ぐらいのバックスイングで同じところに落とす練習です。軽いオープンスタンスで体重は左足にかけ、ボール位置は真ん中かやや右足寄り。それでボールより手を前(左)に構えると左腕とシャフトはほぼ真っ直ぐになり、右腕とシャフトは、くの字形に曲がるので右手首に角度が出来ます。クオータースイングはほとんど手首を使わず、構えたときの右手首の角度(曲がり)を変えずに、いわゆるノーコックでスイングします。何よりも大事なのはインパクトで左手首を折らずに振り抜くことです。左腕とシャフトを真っ直ぐのまま、バックスイングより大きめのフォロースルーをとります。振り抜かずにインパクトで手を止めると左手首が折れるのでダフリが多く、トップすることもあります。インパクトで手首を使うと球が上がり過ぎるのでショートします。クオータースイングで同じところに落とせるようになったら、次はハーフ(2分の1)スイングでやはり同じ距離を打つ練習をします。腰の辺りまで上げると手首のコックは多少入りますが、左手首を折らず、両腕と肩の三角形を変えずに体の回転で振り抜いてやります。クオータースイングはほとんど腕の振りだけでよいのですが、ハーフスイングは振り抜くときに体の回転が必要になります。振り抜いた後、体は目標を向きます。体を止めて手だけで打とうとすると左手首が折れるのでいろんなミスが出ます。回転で振り抜くと左手首を折らずに打てるので正確にヒットできて距離感も一定します。クオータースイングとハーフスイングの練習を集中してやるとアプローチは必ずよくなります。

連載6 「ボールをたたくエンジンはあくまで右手」

連載6 「ボールをたたくエンジンはあくまで右手」

Q:左手はハンドル、右手はアクセルとよく書いてありますが、具体的に両腕をどういうふうに使ったらいいのか分かりません。右手に力が入り過ぎるので左手で振るくらいの気持ちでちょうどよいとよくいわれます。しかし左手で振るとスライスし距離も出ません。

 A:左手のリードが大事だといっても右手は使ってはいけないという意味ではありません。ボールを遠くへ飛ばすには右手を生かすことは不可欠なので、大事な のは両腕の使い分けです。私は両腕をプラスとマイナスに分けて教えることにしています。ヘッドスピードを出す必要のないパッティングとアプローチでは両腕 をプラスとプラスにして使っても良いのです。ところが、フルスイングをするときに両腕をプラスとプラスにして使うとけんかし合うのでヘッドを振ることは出 来ません。フルスイングするときは両腕をプラスとマイナスに分けて使わないと右手を生かすことは出来ないのです。バックスイングでは左手がプラス、右手は マイナスになります。ダウンスイングでもまだ左手がプラス、右手はマイナスです。そうして、インパクトに近づいて手首のアンコックが始まるあたりから、右 手がプラスに変わり、左手はマイナスになることが大事です。バックスイングからダウンスイングは左手がプラスで右手はマイナス、インパクトエリアからフォ ロースルーでは右手がプラス、左手はマイナスというふうにうまく入れ替わればヘッドがよく振れるので遠くへ飛ばすことが出来ます。プラスとマイナスの切り 替えがうまく出来る人は体が小さくても力がなくてもゴルフは飛ばし屋になれるのです。一般にバックスイングとダウンスイングで右手がプラスになる人が多い からボールはあまり飛ばないのです。バックスイングとダウンスイングで右手に力を入れずに左手に主導権を持たせ、インパクト直前からフォロースルーでは左 腕に力を入れずに右手で振り抜いていけばよいのです。左手でリードしようとしてフォロースルーで左腕に力が残っていると右手を生かし切れないので逆効果で す。

連載7 「ヘッドスピードを高める感覚はクラブを逆に持って振ることで養える」

連載7 「ヘッドスピードを高める感覚はクラブを逆に持って振ることで養える」

Q:ボールを飛ばすのは力ではなくスピードだと書いてあります。力を入れるとヘッドスピードは逆に遅くなるというのですが、それは頭で分かってもスピードを出そうとするとどうしても力が入ってしまいます。力を入れずにヘッドスピードを出すにはどうしたらいいでしょうか?

A:ヘッドスピードはクラブを振ったときの音で判断出来ます。クラブを逆さに持ってまず右手だけで振ってみてください。強く持って手首に力を入れ、ひじを突っ張って振ると風を切る音はあまり出ません。しかも右側で音が聞こえるはずです。軽く持って手首も柔らかく使って、ひじを曲げて力を入れずに振るとビュッと風を切る音は大きくなります。最初は右側のほうで聞こえると思うので、できるだけ左側で音が出るようにするのです。右手(ひじ)に力を入れずに柔らかく使って左側でビュンという高い音が出るようになるとだんだんスピードが出てきます。左手で振ったときも同じです。強く持って、左ひじを突っ張ったまま力を入れて振るとあまり音が出ません。腕は伸ばさずにひじをたたんでクラブで円を描くようにして振り抜くと風を切る音は高くなります。フォロースルーでスピードを出すようにするとだんだん左側で音が聞こえるようになります。そうしてクラブを逆さまに持って左側で音が出るようにすると手とひじの使い方が分かってきます。グリップが強すぎたり手首に力を入れたり、ひじを突っ張ったりしているうちは高い音は出ないのでスピードもあまり出ていないということになります。両手でクラブを持って振るときも同じように左側(フォロースルー)で音を出すようにすると手首やひじの力が抜けてきてヘッドスピードが出てきます。実際にボールを打つときも同じような感覚で、インパクトの後でスピードを出すようにすると力が入らず、伸び伸びと大きく振り切ることができます。

 

連載8 「トップで右ワキが大きくあくのは右手のかぶせすぎが原因」

連載8 「トップで右ワキが大きくあくのは右手のかぶせすぎが原因」

Q:バックスイングのトップで右ワキが大きくあいて8の字を描くクセがなかなか直りません。ドライバーはスライスが多く、左に引っかかることもあります。クラブを振りかぶってオーバースイングになるのも右ワキが大きくあいてしまうためだと言われます。

A:右手をかぶせすぎてグリップしているのではないでしょうか?右手をかぶせて握ると右ひじが突っ張り、バックスイングで手首をうまくコックできずに力が入り、右ワキが大きくあいてしまいます。手をだらりと垂らすと左手のこぶし(ナックル)がそのまま左手は2つのこぶしが見えるようにグリップします。そうして左手のグリップを決めたら、それに合わせて右手をグリップします。両手のひらを向き合わせて握ることが大事なので、左手をかぶせ気味にした分、右手はやや開き気味にグリップします。そうすると右手の親指と人差し指のⅤ字は右肩を指します。右手をかぶせてⅤ字を左肩のほうに向けて握ると右ひじが窮屈になり、コックもできないのでトップスイングで大きくあいてしまいます。右手を開き気味にグリップすると右ひじを内側に向けて曲げておけるので、バックスイングで柔らかくたたむことができます。これなら右ひじをあけずに体の近くで下に向けておくことができます。棒を持つときのように右手を手のひらで持ったときにも力が入るのでトップで右ひじはあきます。右手は中指と薬指をシャフトに引っ掛けて、人差し指と親指で軽く挟むようにします。右手は指で握っているのでトップスイングで左手を離すとヘッドの重さでだらりと垂れ下がります。人差し指と中指でシャフトを軽く支えているだけで、手のひらはクラブから離れます。トップで左手を離したとき、右手のひらがクラブから離れずにヘッドが垂れなかったら手のひらで握っているためです。これでは右ひじにも力が入るので大きくあいてしまいます。

 

連載9 「バックスイングに違和感を覚えたらイスに座ってみろ」

連載9 「バックスイングに違和感を覚えたらイスに座ってみろ」

Q:バックスイングする時に手をインサイドに引き過ぎているとよくいわれます。そのために右ひじが引けてトップが窮屈になるのだから、もっと真っ直ぐ上げたほうがよいといわれます。でも真っ直ぐと思うと今度は外に上がるような気がします。

 A:インサイドに引き過ぎている人が確かに多いかもしれません。あれこれと手の動きを考えてもトップの位置が定まらず迷うだけです。手の動きより大事なのはクラブのヘッドをどこへ上げるかです。外に上がったりインサイドに引き過ぎたりする人にはまずイスに座ってもらいます。それで、「ヘッドをここへ上げてください」とヘッド上げる位置を指示すると、それだけでスイングプレーンに沿って上げられるようになります。イスに座ってボールにアドレスします。それでだれかにボールのところから右肩に向けてクラブを斜めに傾けてもらって、シャフトの延長線上にクラブヘッドを上げるようにします。そうすれば外にも上がらず、インに引きすぎるということもなくなり、スイングプレーン通りに上がるようになります。立って普通にアドレスしたら、手とか腕の動きは気にしないで右肩に向かってヘッドを上げてみてください。ボールを投げるようなつもりでヘッドを上げてやるのです。右ひじを引かないようにしようとか開けないように下に向けておこうとか、あるいは左ヒジを曲げないようにしようなどと途中の動きを考えてもバックスイングは決してよくなりません。前腕ではなく上腕から始動したら、後はヘッドを右肩に向かって上げてやるだけです。そうすれば左ひじが折れたり右ひじが逃げたりもしなくなります。左ひじが折れ曲がるのは前腕から上がるためです。ヒジから下が前腕、ヒジから上は上腕です。前腕ではなく、左腕の上腕部(ヒジから上)から始動すると左肩もついてきます。それでシャフトが地面と水平になるあたりから手首をコックし、前腕を使って右肩に向かってヘッドを上げてやるのです。

連載10 「「右ひざが緩む」というのは右足首が緩んでいるということ」

連載10 「「右ひざが緩む」というのは右足首が緩んでいるということ」

Q:バックスイングで肩が回らないのは右ひざが緩んで腰が横にスエーするためだとよく言われます。だけど、いくら右ひざを締めておこうと思っても腰のスエーは直らず、肩も回っていないと言われます。

 A:バックスイングで肩が回らない人は確かに右ひざとか腰が横に動いているように見えます。しかし、いくらひざを締めようと思っても腰のスエーが直らないのは他に原因があるからです。そもそも「ひざが緩む」という言い方自体おかしいのです。ひざは一方にしか動かず、左右に動かすことはできません。ひざが横に動いているように見えるのは足首が動くためです。手首と足首は360度動きます。だけども足首を固定しておいて、ひざだけ横に動かそうと思っても出来ません。だからバックスイングで「ひざが緩んでいる」といわれる人は右の足首を動かさないようにすればよいのです。バックスイングで右足首を動かさずに右足の内側で体のひねりを受け止めておけば、右ひざも動かずに前に向けておけるので、自然に引き締まった感じがします。右ひざを意識的に締めようとすると力が入るので逆効果です。腰についても同じようなことがいえます。腰が横に動くからといって止めておこうとしても止めておこうとしても効果がないのはやはり他に原因があるからです。そもそも腰が横に動いてスエーするのは股関節が緩むからです。バックスイングを始めるとき右足首を動かさなければ右ひざも動かなくなり、そうすれば右の股関節もしっかりするので腰もスエーせずに構えた位置で回ります。これなら左肩も入ってきて体はよくねじれます。バックスイングで右足首を緩めて外側に体重をかけると右ひざが緩んで腰も横にスエーします。大事なのは右足首と右股関節です。右足首が外に動かないように右足内側で地面を押さえておいて、それで首の付け根を軸にして背中をひねるだけでよいのです。

1  2  3