ホーム>夕日のバンカー>ゴルフを通してできる事!
夕日のバンカー

ゴルフを通してできる事!

matsunae556.JPG皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン横浜髙島屋クラブフィッティング工房クラフトマンの松苗です。

今もなお、余震を感じながら安心して過ごす事のできない被災地の皆様、こころよりお見舞い申し上げます。
ゴルフ界においては震災直後から素早い支援の輪が広がっています。熊本県出身のプロゴルファー有村智恵選手笠りつ子選手上田桃子選手古閑美保プロが手作りの募金箱を作り、心の中は穏やかではないはずなのに笑顔で支援を呼びかける姿には心を打たれましたね。
大山志保選手は先週開催された「フジサンケイレディスクラシック」の優勝賞金全額寄付を申し出ていますし、男子プロでも先週優勝の池田勇太選手など沢山の選手からの支援表明もありました。
アメリカで活躍中の宮里藍選手は有村智恵選手や上田桃子選手と一緒に「つなげ 九州!」というSNSを立ち上げたりしていますね。松山 英樹選手もすぐにチャリティーイベントを開催していました。
ゴルフを通してできる事、ゴルフ業界を通してできる事、私ができる事って何だろう?と考えてしまいますね。

ある記事で被災された方のホンネだと思う事が書かれていました。
「今、欲しい物は?」という質問に「お金と家」という答えでした。
義援金や支援物資はとても重要だと思いますが、しかし、その義援金や支援物資がうまく行き届いていない現状もあるようです。
街の復興復旧にかかる費用が莫大なのはわかります。でも暮らしている各個人が早く安心できる為にはこの答えが本当なんだなぁと思います。
私のできる事は本当に本当に微々たるものですが、これからも協力していきます。頑張れ熊本県、頑張れ九州!!

「今週の写真」
最後に岩田寛選手のちょっとした心意気です。ちゃんとしたワッペンでは無く、パソコンから印刷した紙で熊本県への応援を帽子のつばに貼り付けていました。ちょっと古いですが、ある人の言葉を借りると「小さな事からコツコツと」。
そんな言葉が似合いますね!

matsunae5968.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3889