ホーム>夕日のバンカー>ゴルフ用具の進化で飛距離UP!
夕日のバンカー

ゴルフ用具の進化で飛距離UP!

11_27_kojima.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ工房担当の小島です。

ゴルフのスコアで「パー」より少ないスコアを「バーディ-1」「イーグル-2」「アルバトロス-3」と鳥で表していますが、その上のスコアがあるのを知っていますか?
その上と言うと、パー5のロングホールでホールインワンと言う事になるのですが、そんなの見た事がないですよね。
しかし-4打の表現も鳥の名前で表現されているんです。
それは「コンドル」です。
長い間、空想上のものであったようですが、ゴルフ用具の進化に伴い数回記録されているそうです。
パーを500ヤードとした時、私の場合は今日イチのドライバーショットが2回続かないと届きません(笑)

「カシオワールドオープン」では石川 遼 選手が苦しんだシーズンの最後に熱い戦いを演じました。
首位に5打差の7位から出て、6バーディを奪い、2日連続で今季のベストスコア「66」をマーク。
通算12アンダーで優勝したスンス・ハン 選手に1打差の2位タイでフィニッシュしました。
PGAツアーの出場権を失い、10月に国内ツアーに復帰してからは、国内での5試合連続の予選落ち。
スイング修正に長く時間をかけ、前週の「ダンロップフェニックス」でようやく決勝ラウンドに進出出来るようになり、日米でプレーした1年を高知で開催された所属契約を結ぶカシオ計算機の大会で終えました。
来年こそ、石川 選手の優勝する姿を見たいです。

 

11_27_kojima_2.jpg【今週の写真】

クラブの進化について行けず、未だにシャローヘッドのドライバーが苦手な私…500ヤード飛ばすのは、いつになる事やら(^_^;)
 


 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/5700