2018年10月

ザ・CJカップ at ナインブリッジズ

10_15_fujioka.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

米国男子「ザ・CJカップ at ナインブリッジズ」が韓国で開催されます。
4週間前に昨シーズンを締めくくった松山英樹選手の新しいシーズンが幕を開けます。
前週は、予定していたマレーシアでの「CIMBクラシック」を、右手首の違和感で欠場。「まだ100%ではないけど、試合には影響ないと思っている」という状態ながら、記者会見では初出場となる大会への意気込みを語っていました。
「韓国に来るのは3回目で、プレジデンツカップ(2015年)以来だけど、すごく楽しみにしていた試合。来られてよかったと思う」と笑顔を見せた松山選手。
開催コースは、米ゴルフマガジン誌が2年に一度選出する「世界のトップ100ゴルフコース」に2013年に韓国で初選出された評判のコースです。
風が強く吹くことで有名な済州島で、まだ万全とはいかないでしょうが、松山選手のショット力が重要となり、それが見どころでもあると思います。
頑張れ!松山選手!

 

 

 

10_15_fujioka_2.jpg【今週の写真】

ゴルフシーズンになり、体験レッスンにいらっしゃる方も増えています。
是非お立ち寄りください!
お待ちしております(^0^)

ゴルフトップシーズン♪

10_15_demizu.jpgおはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGPウィンズゴルフスクール担当の出水です。

今週は気温が急に下がって、体調を崩された方もいらっしゃるかもしれません。
ゴルフをするにはちょうど良い気温なので、体調を崩された方は早く治し、ゴルフトップシーズンを満喫してください!

最近の国内男子ツアーですが、先日開催さえた日本オープンゴルフ選手権で、話題の選手が多数出場していたにも関わらず、ギャラリーの数が連日一万人割れとなり、ここ数年の日本オープンゴルフ選手権と比べ、ちょっと残念な結果になってしまったそうです。
僕は、2016年の日本オープンゴルフ選手権を観戦しに行きましたが、今年はその年の約半分くらいのギャラリー数だったみたいです。
国内男子ツアーの選手達のゴルフはとても素晴らしいので、もっと盛り上げていって欲しいですね!

 

 

 

10_15_demizu_2.jpg【今週の写真】

ラウンドに行って来ました。
最終ホール辺りで少し天気が崩れましたが、楽しめました♪

不死身なゴルファー

10_15_syuto.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGPウィンズゴルフスクール担当の首藤です。

トップシーズンに突入した今、スクール生達のコースでの土産話を沢山聞ける楽しい季節になりました♪

今週の国内女子、NOBUTA GROUPマスターズGCレディースのホステスプロのイボミ選手、、、プレッシャーがある!との事ですが、頑張ってほしいです。

 この間、私の師匠、杉本英世先生の兄弟子のプロがアオノシニアオープンという1日競技の試合で、673位でまわったと連絡がありました!
何が凄いのかと言いますと、そのプロは丁度1年前に倒れられ、カテーテルの手術をされました。
その時は、1年後にこんな普通にゴルフができているなんて思わなかったので、本当に嬉しいです!

最近、体力の衰えを感じる今日この頃、、、(^_^;)
負けてられないですね。

 

 

 

10_15_syuto_2.jpg【今週の写真】

なんとも可愛らしいネイル(^0^)
ハロウィンです!

このOさんは、と~ってもバレーボールがお上手で、夏に全国制覇されました(゜Д゜)
左の小指が曲がっているのは、バレーボールのせいだとか…
当たると男性ばりの飛距離を持つ、楽しみな生徒さんの一人で~す☆
 

 

クラブフェイスの向きを打ち出したい方向に向ける

10_15_suganuma.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン リバティヒルクラブ ゴルフアカデミー担当の菅沼です。

ようやく秋らしくなり、朝晩と昼間の気温差が大きくなってきましたね。
ゴルフ場でのプレーでも、早いスタート時間だと 少し寒く感じます。
充分なウォーミングアップで怪我防止をしたいですね。

さて、日本男子ツアーの最高峰メジャーと言える日本オープンゴルフ選手権が横浜カントリークラブで行われ、稲森佑貴選手が優勝しました。
正確なショットを武器に、素晴らしいプレーを見せてくれました。
終盤戦に向け、更なる飛躍を期待したいですね。

 

 

 

10_15_suganuma_2.jpg【今週の写真】

前回の続きです。

インパクト時のクラブフェイスの向きにボールは飛び出し、クラブフェイスの向きに対するクラブヘッドの軌道により、いわゆるサイドスピンが かかると話しました。
これにより、インテンショナルにボールを曲げたい場合も、従来の考えで打つと木の左右から回していきたい時に、木に当たってしまいます。
クラブフェイスの向きを、打ち出したい方向に向けておく必要があります。

ゴルフ場で気持ち良く振り切りましょう!

10_15_hotta.jpg皆さん、おはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ゴルフおもてなしサロン茅場町STUDIO担当の堀田です。

最高気温も20度前後になり、凌ぎやすい陽気になりましたね。
ゴルフもトップシーズン突入です。
気持ちの良い気候の中、ゴルフ場でのプレーを楽しんで下さい♪

 国内女子ツアーの「富士通レディース」は、首位に2打差の6位からでた成田美寿々選手68で回り逆転優勝。今季3勝目を挙げました。

また、国内男子ツアーはメジャー第3戦「日本オープンゴルフ選手権」が横浜カントリークラブで行われ、稲森佑貴選手が唯一、4日間60台で回り優勝。初優勝がビックタイトルとなりました。
稲森選手といえば、ショットが曲がらない事で定評ですが、スイングを見る限りコントロールしているというより、しっかり振り切っています。
本人も「今はフェアウェイキープの意識は持ってないです。昔は確かに持ってましたが、今は結果としてそうなっているだけ。とにかく振り切らないといけない。合わせにいかず、しっかりと振り抜いて叩くことがフェアウェイキープにつながっています」 とコメントしています。
フィニッシュまで振り切る事で、スイング軌道も安定し方向性も良くなります。
ゴルフ場でもコースの景色に左右されず、気持ち良く振り切ってナイスショットに繋げましょう♪

 

 

 

10_15_hotta_2.jpg【今週の写真】

仕事の帰り道、焼き芋屋さんを発見。
もう、そういう時期なんだなと実感。

成田美寿々プロ、今季3勝目!

10_15_natori.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 三越日本橋本店ゴルフサロン コンサルティング担当の名取です。

千葉県東急セブンハンドレットCCで行われた、富士通レディース成田美寿々プロが今季3勝目を飾りました。
成田プロと言えば、今季からPXGのドライバーも使っていますね。
アイアンは大人気なのですが、これでドライバーも人気が出ることを期待したいと思います。

そして日本オープンゴルフ選手権では、稲森プロが優勝しましたが、2日目終了してトップに立ったアマチュア選手の桂川有人選手、応援していましたが残念な結果となりました。
来年もこの舞台に立ち、活躍してくれることを信じています。
来年は本気で優勝狙ってください!

 

 

 

10_15_natori_2.jpg【今週の写真】

三越日本橋本店の近くにある焼肉店のランチメニュー「クッパランチ」。
あまりの美味しさに、今週は3回食べてしまいました。
写真で見るほど辛くないですよ!
値段も850円と、かなりリーズナブルです♪

 

ゴルフは前に進んで行くスポーツ

10_15_kobayasi.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 名古屋ウエストゴルフスクール担当の小林です。

10月も中旬に入りました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
先日まで、日中は汗ばむ時もありましたが今では肌寒く、いよいよ秋らしくなってまいりました。朝晩は冷え込み、日中でも日陰は寒いですよね。
秋からだんだんと冬に変わっていくのかなと、ひしひしと感じております。

名古屋ウエストゴルフスクールの近くでも金木犀の香りがしていましたが、匂いが薄れてきたので、いよいよ寒さ到来でしょうか。
この最高な季節に、最高なスコアを出して下さいね。期待しております。

では、今回はラウンド回数が増えて来そうな皆様にラウンドでの注意点をお話しします。
どのゴルフ場でも進行促進として、ハーフ2時間15分プレーを掲示してますよね。守れてますか?
効果的な時間短縮の為に、カートだけ置き去りにしてグリーンへ進むのではなく、ティーショットが終わられたら、カートは常にセカンドオナーの横。
そこから先は打たれる方の横か、邪魔にならなければ前に出して下さい。
セカンド以降は、カートの位置からおおよその距離を計算し、前後1本ずつの計3本を持ってボールの位置まで行き、すぐに打てる状況を作ること。
ボールの位置まで移動し、距離を測ってからクラブを取りに行ったのでは、1回ショットを打つたびに3〜5分は余分に時間を費やします。
自分が楽しければ!ではなく、その日にプレーされている全てのお客様に楽しんで頂けるよう、前の組には必ず付いていく。
後ろが来てないからゆっくりしても大丈夫。ではなく、ゴルフは前に進んで行くスポーツなので、どんどん進みましょう。
後ろの組を気にするのでしたら、こんなにゆっくりしていて、後ろの組の方達は、日没大丈夫かなぁ。と、皆様で進行の事を意識してプレーを心がけてみてはいかがでしょうか。
お互い様の心が良いスコアに繋がるかもしれませんね!

さて、今週のトーナメントは、男子が千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブで行われる「ブリヂストンオープン」、女子が兵庫県のマスターズゴルフ倶楽部でNOBUTA GROUP マスターズGCレディース」が開催されます。
スムーズなプロのプレーを学んでみてください。

 

 

 

10_15_kobayasi_2.jpg【今週の写真】

最高の状態になってきた名古屋ウエストゴルフクラブのグリーンです。
メンテナンスをしていただいている支配人、いつもありがとうございます!

ゴルフスイングの基本を見直しましょう!

2018_10_15_yosimura.jpgおはようございます!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 狛江スポーツセンターゴルフスクール担当の吉村です。

すっかり秋の気候になり、朝晩は寒いくらいですね。
秩父に行った方から、大きな椎茸をいただきました!
焼いて、割いて、おかかとネギをちらし、ポン酢で食べました。美味しかったぁ(^-^)

さて、先週の日本オープン稲森佑貴プロが初優勝しましたね!!
彼は、飛ばしではプロの中では飛び抜けていないけど、曲がらないゴルフを自分で確立させていったそうです。
それは、技を増やす練習よりも基本を徹底的に繰り返したそうです。
そういう考え方は是非、真似したいですね(*^^*)

狛江スポーツセンターではアイアンしか打てない状況ですが、この機会にアプローチやアイアンでスイングの基本を見直すいいチャンスです‼(^-^)v

写真は、木曜13時クラスのお二人‼
プライベートレッスンのように、じっくりレッスン時間が取れました。
右肩を痛めていらっしゃる武藤さんと、狛江市民ゴルフ大会で78と女性ベスグロだった谷田部さんです(^-^)

 

 

 

 

10_15_yosimura_2.jpg【今週の写真】

待合室で談笑中のお二人を発見!
私も混ぜてもらい、チョコレートもいただきました(^-^)
長く狛江スポーツセンターに通って頂いているお二人。昔話に花が咲きました♪

日本オープンゴルフ選手権競技、稲森佑貴選手が初優勝!メジャー初勝利!

2018_10_15_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の玉木です。

最高の秋晴れのなか、東京近郊の横浜カントリークラブで行われた男子のナショナルオープンでは、選手会長として初めて臨む石川遼選手の他、話題選手も多い状況ながら、ギャラリーの総数は、昨年の大会を上回りはしたものの、松山英樹選手が出場し優勝した一昨年の大会の半数に満たない数となりました。今年は、タイガー・ウッズ選手の復活で驚異の盛り上がりを見せた米男子ツアーのメジャーとは比較になりませんが、今年は、松山英樹選手、小平智選手の出場がなかったことに対する影響は歪めませんが、この状況打開には、男子ツアーに新しいスターの誕生を期待してやみません。

ワングリーンに改造された横浜カントリークラブ西コースは、メジャーチャンピオンのアダム・スコット選手も苦しむほどの難コースとなり、メジャーに相応しいセッティングのなか行われました。
そのなか抜け出したのは、フェアウェイキープ率No.1の若手、稲森佑貴選手でした。3日目で3打差をつけ、最終日には、一度もフェアウェイを外すことなく安定した攻めのゴルフを展開し、見事初優勝、そして、メジャー初勝利を飾りました。
今回の稲森選手のプレーには、攻めのゴルフをしても力みは一切感じられませんでした。24歳ではありますが、プロになって7年という経験と、安定した緩みのないフィニッシュは、アマチュアの方々には大変参考になるとの思いですが、その安定したスイングが今回の勝利を導いたとの思いです。
パワーゴルフの時代と言われていますが、メジャーのコースセッティングでの勝負は、やはり、ショットメーカーの勝利もありうることがゴルフの奥深さですね。

国内女子ツアーでは、「富士通レディース」が千葉県の東急セブンハンドレッドクラブで開催され、成田美寿々選手が、アン・ソンジュ選手を逆転し、今期3勝目を飾りました。
若手の活躍、毎試合のように混戦で優勝争いが繰り広げられる女子ツアーは、これから秋のトーナメントを迎えるなか、ますます盛り上がりを見せそうです。

 

 

 

2018_10_15_tamaki_2.jpg【今週の写真】

日本オープンチャンピオンの稲森佑貴選手が、驚異のフェアウェイキープ率を上げた使用ギアは、今年9月に発売されたニュー・スリクソンのドライバーでした。
女子ツアーで先月に初優勝した香妻琴乃選手も同モデルを使用していました。
飛んで曲がらない今回のモデルは、秋のビックツアーでも活躍が大いに期待されます。

 

 

ゴルフウェアかぶった~(≧∇≦)

10_15_kojima.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ販売担当の小島です。

「日本オープンゴルフ選手権競技」先週のブログで登場した金谷拓実選手が、通算1アンダー24位で大会を終え、ローアマチュアに輝きました。
「ローアマチュアを獲れて嬉しい気持ちと、もうちょっとできたかなという気持ちと半々です」とコメント。
昨年大会は優勝争いの末に2位、2015年も11位でローアマチュアに輝いているだけに、その心は喜びばかりではないようです。来春には「マスターズ」の大舞台も控えている金谷選手に、これからも大注目です!

3打リードの単独首位から出た稲森佑貴選手が、5バーディ、2ボギーの「68」で通算14アンダーとし、後続に2打差をつけてツアー初優勝をメジャーで飾りました!
初優勝を「日本オープン」で飾るのは2009年の小田龍一選手以来で、9年ぶり8人目。「日本オープンで勝てるとは思わなかった。“勝ったんだ”という、フワフワした感じです」とよろこびを表していたそうです。
稲森選手は、子供時代に実家が営むゴルフ練習場で、ゲーム感覚で距離の書かれた数字を狙っていたそうです。正確無比な1Wショットは、その頃から磨かれてきたのでしょう。
今大会、稲森佑貴選手の最終日のフェアウェイキープ率は、なんと100%と、すごい数字を叩き出しています。
今季、同じ鹿児島出身の出水田大二郎選手「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー初優勝。出水田選手より早い2014年に賞金シードを獲得した稲森選手は「嬉しかったけど、先を越されたっていう思いもあった」と心境を打ち明けています。重永亜斗夢選手時松隆光選手秋吉翔太選手ら九州勢も優勝を重ねていて、稲森選手は父親から「あの人たちを越えるには、メジャーで勝つしかないぞ」と課題を与えていたそうです。
課題をクリアし、見事に日本オープンを制した稲森選手、ツアー初優勝おめでとうございます!!

 

 

 

10_15_kojima_2.jpg【今週の写真】

日本オープンを制した稲森選手が、最終日に着ていたゴルフウェアと同じ柄の物を、会社から伊勢丹で着るための制服として支給されていました!
普段、自分が着ているウェアと同じ柄を着ているプロが優勝する姿を見ると、凄く親近感が湧きますね(笑)
 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10