ホーム>夕日のバンカー>関西オープン 大槻智春選手が初優勝!
夕日のバンカー

関西オープン 大槻智春選手が初優勝!

2019_5_27_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン らくらくレッスンプラザ北浦和校担当の玉木です。

そろそろ6月となります。
これから、梅雨を迎える時期となり、熱中症に対する準備をと考える今頃ですが、先週は、それを飛び越え5月とは思えぬ記録的な気温となりました。
まだ、身体が暑さに慣れていません。真夏以上の対策をしなければとの思いです。
私は、暑さには我慢で育ってきた年齢ですが、今は我慢には危険が伴います。くれぐれも水分補給忘れずにお願い致します。夏の予報が出ていましたが、冷夏となる予報でした。これには一安心です。

さて、国内男子ツアーは「関西オープンゴルフ選手権競技」が、奈良県のKOMAカントリークラブで開催されました。
最終日には、最終組の1つ前の組の、大槻智春選手星野陸也選手がバーディ合戦を繰り広げトーナメントを盛り上げました。決着はプレーオフとなり、プロ10年目・29歳の大槻智春選手が、悲願のツアー初優勝を飾りました。
黄金世代全盛の女子ツアーに比べたら地味な勝利に見えますが、努力の末に勝ち取った初勝利は、実に素晴らしい勝利であったとの思いです。
国内女子ツアーは「中京テレビ・ブリジストンレディスオープン」が、例年通り愛知県の中京ゴルフ倶楽部石野コースで開催され、2日目に「62」という驚異的なスコアを出した、今季好調の勝みなみ選手が、逃げ切って優勝を飾りました。
毎週ヒロインが入れ替わる女子ツアーは、ますます人気が高まるとの思いです。
米女子ツアーでは、ピュアシルク選手権が開催され、最終日を首位で迎え、今季2勝目を期待された畑岡奈紗選手は残念な結果となりましたが、同じく首位ででたブロンテ・ロー選手が完全優勝のツアー初優勝を飾りました。
しかし、今週開幕する女子メジャーの「全米女子オープン」に向けの弾みになったとの思いです。悲願のメジャー制覇を大いに期待致します。

 

 

 

 

2019_5_27_tamaki_2.jpg【今週の写真】

先日、「富士高原ゴルフコース」に出向きました。
久しぶりでしたが、気温が6度違うということで、思わずベストを着用致しました。
これからのシーズンには最適なゴルフ場です。これからも皆さんと足を運びたいと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/7393