ホーム>夕日のバンカー>ラフからのアプローチ
夕日のバンカー

ラフからのアプローチ

2020_7_20_syuto.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン TGPウィンズゴルフスクール担当の首藤です。

 

今週の米国PGAツアーは、3Mオープンです。
昨年は、ジョージ・ガンカスのGG打法の申し子、マシュー・ウルフ選手が初優勝しました。
そして、この1年レッスン業界ではGGスイングだ!地面反力だ!っと、ブームになりました。
でも言葉として流行っただけで、昔からプロ達は、地面反力を使っていたと思うのですが…(^_^;)

先日、ゴルフコースに行きましたが、連日の雨でラフがすっかり伸び、しかも湿って重たい!という難しい状況でした(^_^;)
ラフからのアプローチは芝の抵抗が大きく、スピンもかからない為、寄せるのが難しくなりますが…
ボールが結構埋まっていたり、逆目だったりした場合は、フェースをオープンに構え、しっかりグリップし、少しコックを入れて打つと芝への抜けもよくなるので試してみて下さい(^_-)

 

 

 

 

2020_7_20_syuto_2.jpg【今週の写真】

僭越ながら、私のスイングを…(^_^;)

私もちょっとは地面反力使えてるかなぁ〜!?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8523