ホーム>夕日のバンカー>湿ったバンカー
夕日のバンカー

湿ったバンカー

2020_7_27_sato.jpgおはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ダンロップゴルフスクールサンランド船橋校担当の佐藤です。

 

今週は梅雨明けすると思いきや延長のようです。なんと8月をまたぐようで13年振りのようです。

さて、最近聞かれる質問が、雨で湿って砂が締まった状況のバンカーショットの打ち方になりますが、話を良く聞くと、大半がフェースを開いてバンスを弾かれトップしたりクリーンにボールをヒットしてホームランといった内容が多かったです。
実は、締まった状態はそんなに難しくないので、シンプルにフェースを開かずに緩やかな入射角で振れば出ると思います。
入射角が鋭角過ぎるとバンスが弾かれやすいので、気をつけてみて下さい! 

 

 

 

 

2020_7_27_sato_2.jpg【今週の写真】

 

プロ野球を観戦しに行きたいのですが、コロナの感染リスクがあるので当面は自宅のテレビ観戦で我慢です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.takagolfplan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/8531