東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

状況に応じたゴルフクラブの選択を!

スクリーンショット 2016-09-11 13.06.03.png皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ダンロップゴルフスクールサンランド船橋校担当の神谷です。

9月に入り、不安定な天候が続いています。しっかりと天気予報を確認しながら、外出してくださいね!

さて、先日、スクール生徒さんから、グリーン周りからボールを打つ時に、パターで打つか、ウェッジで打つか・・・と質問がありました。
皆さんもグリーン周りでクラブ選択に迷ったことはありませんか?
グリーン周りにあるボール。。。パターで打つべきか?ウェッジで打つべきか?別のクラブで打つべきか?パターなら、ダフりやザックリのミスを防げます。しかし、芝の抵抗があるので力加減が難しいです。
どうすべきなのか?答えは簡単です。
「芝の抵抗が読めるなら、パターで転がす」「芝の抵抗が読めないなら、ウェッジで芝を超える」
つまり、
・グリーンまでの距離が短い・グリーンまでの芝が薄く、芝の抵抗は少ないなら、パターで転がす。
・グリーンまでの芝が強い、逆目で芝の抵抗が読めないなら、ウェッジ、ショ-トアイアン、ミドルアイアンで芝をキャリーで超えてグリーン上は転がす。
もしかすると…
「高くフワッと上げるロブショットを完璧にすればアプローチで迷う必要がないのでは?」と思うかもしれませんが、ロブショットは難易度が高く、失敗時のリスクが高いショットです。バンカー越えなどで、どうしても必要なとき意外は出来るだけ転がすショットがお勧めです。
秋のゴルフ場でのスコアアップに向けて取り組んでみてくださいね。

開催中の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯は、最終日の今日、森田遥選手が首位で前半を折り返しました。
ツアー初優勝をかけた大事な大事なサンデーバックナインです。ニューヒロインの登場、期待してます!

スクリーンショット 2016-09-11 13.14.32.png「今週の写真」

タイガー・ウッズ選手が今週、米男子ツアーの来季開幕戦となる10月のセーフウェー・オープンに出場することを表明しました。
完全復活の勇姿を来季は見ることが出来るのか…注目です!
 

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031