東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ゴルフグリップは定期交換が必要!

7_30_matunae.jpgみなさん、おはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン横浜髙島屋クラブフィッティング工房クラフトマンの松苗です!!

 夏本番、暑い日が続き疲れも蓄積してくる頃ですね!
8月になれば夏休みを取られる方もいらっしゃると思います。
ゴルフ場でのリフレッシュ、楽しみですね!もうひと頑張りしましょう!

 先日、毎年恒例のゴルフの窓口グループのティーチングプロスタッフによる研修会が開催されました。
日本プロゴルフ協会 資格認証委員会 専門指導委員である松尾 貴將プロによる研修を毎年受けられるプロスタッフ達は羨ましいですね。
レッスン生にしっかりと還元してくれることでしょう。
研修に参加した須田プロに研修内容を教えて頂こうと思います(^)

 プロゴルフトーナメントを見ていると、よく見かける光景があります。
雨の日は当たり前ですが、夏の暑い日でもよくグリップを拭いていますよね。ショットをする時にグリップが滑りそうな不安をしっかりと取り除くことで、グリップを強く握り過ぎず良いショットが打てるのです。
それ以前にグリップ自体が劣化していたら、ショットの前にグリップをしっかり拭いても意味がなくなってしまいます。
私のところに来て頂くお客様がクラブをお持ちになって、「このグリップはもう交換した方がいいの?」って聞かれることがよくあります。
見てみるとツルツルのテカテカになっているのが多いですね。特に女性のお客様に見かけられます。男性よりも長く同じクラブを使う方が多く、両手グローブをされる方も多く、グリップが滑るのを感じにくいのも一つの要因かもしれません。

以前にもお話ししましたが、グリップはゴムや樹脂素材で出来ています。
たとえ使用頻度が少なくても劣化していきますので、定期交換をお勧めいたします。

今週は全英リコー女子オープンが開催され、畑岡 奈紗選手成田 美寿々選手など日本人選手もたくさん出場します。
プロ選手達のちょっとした細かな仕草などをチェックしながら観戦すると、自分のプレーにも役に立つと思いますよ。

寝不足必至ですが、頑張って応援しましょうp(^_^)q

 

 

7_30_matunae_2.jpg【今週の写真】

地クラブメーカーの三浦技研から300セット限定で今月発売予定の純鉄アイアンCB-1008の試打クラブヘッドが届きました。
柔らかな打感に特化したクラブです。
横浜髙島屋の工房には1セットのみ入荷予定です。お楽しみに!

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31