東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

やはり今年の女子プロゴルファーは強かった!

2019_12_16_kojima.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ販売担当の小島です。

卓球の伊藤美誠選手と石川佳純選手が、2020年東京五輪女子シングルスの代表入りすることが確実となりました。
五輪代表枠は3枠あり、団体戦出場を巡る最後の枠を誰が獲得するのか、注目が集まっています。
東京大会から団体戦の試合順が変更され、これまで3試合目に行われていたダブルスが1試合目に行われます。団体戦は3勝先勝方式で行われるため、第1試合のダブルスがより重要性を増します。
残り3枠、ダブルスに強い選手が選ばれるのか?

国内ツアー対抗戦「Hitachi 3Tours Championship」
国内男子(JGTO)、国内女子(LPGA)、国内シニア(PGA)による3ツアー対抗戦が行われ、通算12ptとしLPGAが4年ぶり5回目の勝利を飾りました。
連覇がかかっていたPGAは8ptで2位。JGTOは7ptで3位。MVPはLPGAの小祝さくら選手が獲得しました。
9ホールのダブルスマッチプレー形式による2ステージ制で争われ、午前のフォアボールは3.5ptとしたLPGAが1位で終了。初出場の渋野日向子選手は賞金女王の鈴木愛選手と組み、PGAと1位に並ぶ6アンダーとしました。2位に3ptのJGTO、3位に1.5ptのPGAが続き、午後のフォアサムではLPGAが8.5ptを加算して他チームを引き離し、2位のPGAに4pt差をつける圧勝。小祝選手と上田桃子選手が4アンダーの1位で終えたほか、再び最終組でタッグを組んだ渋野選手と鈴木選手も4アンダーとし、谷口徹選手倉本昌弘選手が組んだPGAと1位を分け合いました。
やはり、今年の女子プロ勢は強かったですね!

 

 

 

2019_12_16_kojima_2.jpg【今週の写真】

アシックスのゴルフシューズです。
インパクト直前に生じる方向に対して、垂直に配置した「サブスタッド」が優れたグリップ力を発揮し、ヘッドスピードアップをサポートします。
皆さん、ヘッドスピードを上げて飛距離を伸ばしましょう!

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30