東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載15 「ダウンの開始は左足の踏み込みから」

連載15 「ダウンの開始は左足の踏み込みから」

Q:「ダウンスイングは左腰から」とよく書いてあるので左腰を回そうとすると左足のつま先まで開いてしまいます。そのため腰が引けて後ろに下がり、ボールはいったん左に出ていってから右に大きく切れていきます。時にはそのまま左に引っかかることもあります。

A:ダウンスイングは左腰から始動するといっても、トップスイングから腰を回すという意味ではありませんトップからいきなり腰を回そうとするから左足まで回って左のつま先も開いてしまい、体重が左に乗っていかずに左ひじも引けてしまうのです。野球のピッチャーとプロゴルファーの筋肉の動きはまったく同じだという話を運動生理学の先生に聞いたことがあります。右投げのピッチャーは左足を踏み出して左に乗って体をひねり戻しながら腕を振ります。ゴルフも左足を踏み出すことによってダウンスイングが始まります。左ひざが左にせり出し腰は正面を向きます。そのとき腰はまだ回っていません。下半身が少し左に動いて、腰が回るのはそれからです。スイングは回転運動といわれているけれども、ダウンスイングで体をいきなり回しているわけではありません。バックスイングでひねった体をダウンスイングに入るときはそのまま少し横に動かすようにして始動しているのです。そうすれば、左足は構えた状態を保っておけるので、つま先も開かないので左ひざが逃げることもなく、腰も引けないので左サイドがしっかりします。これなら体重も左足に乗っていけるので、左足を軸にして振り抜いていくことができます。ボールを打つのではなくクラブを目標方向へ放ってやるような感覚でスイングすると動きが良くなり、腰が引けたり体重が後ろ(右)に残ったりすることもなくなるかもしれません。左足のつま先が開く人が多いのはダウンスイングでいきなり体を回そうとするためで、腰が引けるのもそのためです。「ダウンスイングは左腰から」とは腰を回すことではなく、バックスイングで少し中に入っている腰を左に戻すという意味です。

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930