東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

米国男子ツアー「スロープレー厳罰化。罰金は現状の10倍!」

2020_1_20_fujioka.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

米国男子ツアー(PGA)は14日、4月「RBCヘリテージ」からスロープレー対策に向けた新規則を実施すると発表しました。
同ツアーでは1ショットにかける時間は基本的に40秒以内で、これまでは同日に2回スロープレーを言い渡されると1罰打のペナルティが科されていました。新規則では同一大会で2回のスロープレーが言い渡されると、1罰打を科されます。
また、ショット解析システム「ショットリンク」により各選手は直近10試合の1ショット平均所要時間が算出されます。規定を超えていた場合は監視リストに掲載され、平均60秒以内で全ショット打つことが求められます。
シーズン2回目の罰打に科せられる罰金は、これまでの5000ドル(約55万円)から5万ドル(約550万円)に引き上げられました。
昨年8月「ザ・ノーザントラスト」ではブライソン・デシャンボー選手がグリーン上でのライン読みに2分以上かけるなど、スロープレーが問題となっていました。
大切なワンパット、しっかりラインを読んで打ちたいと言う気持ちはわかりますが、プロ、アマチュアとわず、自分の持ち時間内でラインを読めるように日頃からコースで訓練しプレーしましょう。

 

 

 

2020_1_20_fujioka_2.jpg【今週の写真】

横浜タカシマヤスタジオでは、随時無料体験レッスンを受け付けております。
お買い物のついでに、お立ち寄りくださいませ!

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930