東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

全米プロゴルフ選手権 ブルックス・ケプカ選手が2連覇の偉業!

2019_5_20_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン リバティヒルクラブゴルフアカデミー担当の玉木です。

先日は、久々に強い雨が降りました。プレーをされる方々にとっては、雨ゴルフは微妙な状況ですが、ゴルフ場にとって、芝のためには恵の雨となったことと思います。
そして今週は、気温が上がるという予報がでています。ゴルフ場に行かれる皆さま、紫外線対策・熱中症対策には、くれぐれもご準備・ご注意いただきたく思います。

さて、米男子ツアー・メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」が、ベスページ州立公園・ブラックコースで開催され、昨年の覇者ブルックス・ケプカ選手が初日から独走し、完全優勝の2連覇の偉業を達成しました。
松山英樹選手は、決勝最終日には僅かながらの逆転の期待が持てる位置からのスタートとなりましが、天候の変化からメジャー屈指の難コースが牙を剥き、最終日こそ惜しい結果となりましたが、決勝初日までは松山英樹選手らしいプレーを見ることができました。
3週間後にペブルビーチで開催される、メジャー「全米オープン選手権」では、復活の狼煙を上げたいただきたく期待が膨らみます。
国内男子は、「日本プロゴルフ グランド・ゴールドシニア選手権大会」が、宝塚クラシックゴルフ倶楽部で、2日間競技として開催されました。
同世代だけに懐かしさも大いにありますが、歳をかさねてもアスリートとして切磋琢磨されていることを考えると頭が下がります。
ゴールドシニアは、海老原清治選手がプレーオフを制しました。グランドシニアは、佐藤剛平選手が優勝を飾りました。
68歳から資格を得るゴールドでは、沢山のエージシュートが達成されていました。
レギュラーツアーのピリピリ感なく、ツアーを盛り上げてきたレジェンド達が、気さくにギャラリーと接することができるシニアの大会は、今後さらに盛り上がっていくことを大いに期待しています。
国内女子ツアーは、「ほけんの窓口レディース」が、福岡県の福岡カンツリー倶楽部 和白コースで開催されました。
最終ホールまで勝者が分からず、上田桃子選手申ジエ選手イ・ミニョン選手のプレーオフが予想された展開のなか、イ・ミニョン選手が難しい下りのパットを決め、1年ぶりの勝利を飾りました。
今シーズン好調が続いている上田選手だけに今回は残念でしたが、優勝も間近にとの思いです。

 

 

 

2019_5_20_tamaki_2.jpg【今週の写真】

先日出向いたゴルフ場で、朝からの珍客登場に皆さん朝から癒されていました。
1匹とおもいきや、あっちにも、こっちにも。まさに大量発生。すごいことになってました。

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930