東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

連載23 「パットは、フェースをスクエアに動かすことに集中する」

Q:パットをするとき、ボールを追って上体が動いているとよくいわれます。打つときに右肩が出ているからショートパットが打ち切れなかったり引っかけたりするのだというのですが、頭を残そうと思ってもボールを早く見ようとするために動いてしまうようです。練習のときは動かないように注意していてもコースに出ると忘れてしまいます。

連載23 「パットは、フェースをスクエアに動かすことに集中する」

A:パッティングで何が大事かといったらパターのヘッドがライン上に真っ直ぐ出ていくことと、フェースがスクエア(直角)にボールに当たることです。それができればどんな打ち方をしても狙ったところにボールが出ていきます。頭はきにしないで、フェースの向きを変えずにヘッドを真っ直ぐストロークする練習をしてみてください。クラブを置いて、それに平行に構えたらクラブに沿って真っ直ぐ上げて真っ直ぐストロークする練習です。フェースの向きを変えずにヘッドを真っ直ぐ出してやればボールも真っ直ぐ出ていきます。ロングパットになってストロークが大きくなるとバックスイングは多少内側に上がり、フォロースルーもラインのやや内側を通ります。そうするとフェースもバックスイングでわずかながら右を向いてフォロースルーではいくぶん左を向くのですが、練習のときはスクエアに構えたフェースの向きを変えずに、クラブに沿って真っ直ぐ上げて真っ直ぐ出してやります。クラブに沿ってフェースをスクエアに真っ直ぐ出してやる練習をしていると頭も残り右肩も出ていかなくなります。頭や右肩を意識するよりスクエアにヘッドを真っ直ぐ出すことを考えたほうがよいと思います。30センチぐらい先に何か目印を見つけ、そこへヘッドを真っ直ぐ出してやろうとすれば頭も右肩も出ていかなくなります。ティーを2本刺してその間にボールを置き、2本のティーを打ってボールが真っ直ぐに出ていくかどうか練習してみてください。これはフェースをスクエアに当てるための練習で、2本のティーを同時にヒットできればボールは真っ直ぐ出ていきます。

 

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930