東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

全米プロゴルフ選手権!松山英樹選手の悔し涙の先には・・・!

8_14_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 名古屋ウエストゴルフスクール担当の玉木です。

皆さま、お盆休みは如何過ごされましたか。
お休みは十分満喫できましたか。
スクールでは、お休みの6日間で8ラウンドをプレーされたスーパーゴルファーの方もいらっしゃいました。
尚、こちら名古屋は製造業の町です。
お盆休みは、今週末まである方も少なくなく、まだまだお楽しみが継続するようです。
休暇中のお話を皆さまにお聞きするのが、ますます楽しみです。


米男子ツアー今年最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」が、ノースカロライナのクエイルホロークラブで開幕致しました。
松山英樹選手は、フロントナインで見えた頂上でしたが、くしくも同組でプレーした好敵手のジャスティン・トーマス選手がメジャー初制覇を果たしました。
見ている方も悔しさが残る結果となりましたが、メジャートーナメントを何の違和感もなく優勝争いをしている日本人選手がいること、そして、誰よりも勝利を信じ寡黙に練習する姿と、プレー終了後に見せた「初めて見た悔し涙」の先には、松山選手の更なる怪物の進化を信じて止みません。
メジャー初制覇は来年の楽しみになりましたが、グランドスラムという言葉にもすでに違和感はありません。
そして驚きの祝報が届きました。
松山選手の結婚、そして第一子誕生のニュースです。
母子を気遣って発表を遅らせたことは、松山選手の繊細さが伺いしれるとともに、世界選手権の優勝と今回の活躍の裏には妻子の存在があったことを感じ、今年の米男子ツアー賞金王とフェデックスランキング1位の称号を得るには、何の不足もないことを確信致しました。

国内女子ツアー第23戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」は、長野県軽井沢町のNEC軽井沢72ゴルフ北コースで開催され、比嘉真美子選手が、プレーオフで賞金女王キム・ハヌル選手を破り4年ぶりの優勝を果たしました。
プレーオフでのセカンドのスーパーショットは、比嘉復活を感じさせる素晴らしいショットでした。
弱肉強食のアスリートの世界、常に好調を維持できるのは一部の限られた選手です。今、イ・ボミ選手も苦しんでいる状況もありますが、やはり、まだ見ぬ高みを目指し自分を信じ練習を重ねるしかありません。
今回の比嘉選手に、プロゴルファーのひたむきに努力する素晴らしさを感じました。

 

 

8_14_tamaki_2.jpg【今週の写真】

京都タカシマヤスタジオでは、夏休みのジュニアのゴルフ体験教室を開催中です。
パッティングのフィーリング、初めてのドライバーで100ydを越えたジュニアなど、やはり、子供の持つ感性と可能性には眼を見張るものがあります。



 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30