東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

カムバック~!フィル・ミケルソン選手、ミシェル・ウィー選手!

3_5_tamaki.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の玉木です。

昨日、ゴルフの窓口グループSYOKENが創立11周年を迎えました。
皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます。

さて、3月より京都タカシマヤスタジオを主に担当させていただく事になりましたが、名古屋でもゴルフ場が近いという事でゴルフ環境は素晴らしかったですが、京都の皆様もゴルフ環境は抜群です。
ゴルフを愛する方が沢山いらっしゃいます。
皆様のお望みを叶えさせていただく事は勿論のこと、今までにないゴルフを楽しむ為のご提案とお手伝いが出来る様、努力し精進して参ります!

そして、国内女子ツアーが一足先に開幕致しました。
初戦は「ダイキンオーキッドレディース ゴルフトーナメント」が沖縄の琉球 GCで開催されました。
昨年の賞金女王の鈴木愛選手とルーキーで活躍した川岸史果選手が試合を引っ張りトーナメントを盛り上げましたが、混戦の最終日のなか韓国のイ・ミニョン選手が逆転で開幕戦を制しました。
今回の注目は、久しぶりに元気な姿で優勝争いにも名前を連ねた、諸見里しのぶ選手です。
久しぶりに見た姿には、以前の力強さがあったように思いました。
復活の日も近し!

米男子ツアー、米女子ツアーでは、共に復活劇でツアーが賑わいました。
米男子ツアーでは、世界選手権シリーズ「WGCメキシコ選手権」がメキシコのチャプルテペクGCで開催され、フィル・ミケルソン選手ジャスティン・トーマス選手とのプレーオフを制し、5年ぶりの勝利を飾りました。
47歳という年齢での勝利は、WGCの最年長優勝記録を更新致しました。
「僕は年齢を感じないよ」というミケルソン選手の言葉には、ミケルソン選手の凄さとゴルファーとしての尊敬の念を持ちました。
今年のツアーでは、常に優勝争いに絡む活躍を見せています。
4月のマスターズでの活躍も期待が高まりますね。
今回出場した日本の、宮里選手池田選手小平選手の3選手は、残念ながら上位に食い込むことができませでしたが、今年は特に日本選手の海外ツアーの挑戦が多いように思います。
これが、日本ツアーのレベルアップに繋がればとの思いです。
そして、米女子ツアーでは「HSBC女子チャンピオンズ」がシンガポールのセントーサGCで開催され、最終ホールでは6人が首位に並ぶシビレる状況のなか、バーディパットを沈めたミシェル・ウィー選手が、5打差を逆転し4季ぶりの優勝を飾りました。
やはり、ベテランの活躍はツアーが盛り上がりますね。

 

 

3_5_tamaki_2.jpg【今週の写真】

京都の朝散歩で、錦天満宮に立寄りました。
日頃の感謝の思いを伝え、そこで珍しい御守りを発見致しました。
「運」ならぬ『ん』の御守りです。
運が授かる御守りでした。
決して他力本願とならぬよう、努力は怠りません!
 

 

 

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031