東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

令和初戦のゴルフツアー勝者、男子は宮本勝昌選手。女子は勝みなみ選手!

2019_5_6_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 狛江スポーツセンターゴルフスクール担当の玉木です。

「令和」の時代が始まりました。10連休という過去にない長期休暇のなか、非常にゆっくりとした穏やかな改元になったのではとの想いです。
ところで、休暇は十分に満喫されましたか、長過ぎるとの声も少なくありませんが、今年のGWは道路が空いていたことが何よりでした。
ゴルフ場、そして、仕事での車移動で大渋滞を覚悟していましたが、心配していた渋滞もさほどなく、例年にない有難いGWゴルフとなりました。

さて、風薫る5月に入り、これからますますゴルフの楽しめる季節であり、ゴルフのご予定が入る時期でもあります。また、ゴルフ疲れからスイングのリズムを崩すことのないよう、ケアをしっかりなさって下さい。そして、沢山ゴルフを楽しんで参りましょう。

国内男子ツアー第2戦「中日クラウンズ」が、名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースで開催されました。男子ツアー令和初戦の勝者は、ベテランの宮本勝昌選手が逆転で輝きました。
一進一退の攻防が繰り広げられる中、最終ホールまでもつれ込んだ優勝争いも、宮本勝昌選手の中日クラウンズ史に残ると思えるほどの劇的なバーディパットで優勝を決めました。
平成で男子ツアーを引っ張ってきたベテラン、46歳という年齢での宮本選手の勝利は、改めて「令和の時代の男子ツアー」を盛り上げていく上で、若手の刺激に繋がり、ツアー活性にとっても意味のある優勝となったとの想いです。

国内女子ゴルフツアーは「パナソニックレディスオープン」が、千葉県の浜野ゴルフクラブ
で開催されました。
鈴木愛選手が首位となり、3打差に30人がひしめく大混戦の最終日を迎え、途中雷での中断もありながら、令和初戦の女王となったのは、黄金世代の勝みなみ選手でした。
優勝争いを繰り広げた名前のなかに、久しぶりに横峯さくら選手の名前を見ました。暫く優勝から遠のいているだけに復活を期待しましたが、残念ながらスコアを伸ばせずという結果でしたが、ベテランの活躍は、やはりツアー活性には欠かせませんね。
そして、今回の冠スポンサーになったのは、パナソニックでしたが、男子ツアーに続き、女子ツアーでも、国内女子下部のステップアップツアーより、今年からレギュラーツアーに昇格させました。この動きは、オリンピックでのゴルフが開催されることでの影響もあったようです。ゴルフ界に対するゴルフ景気が高まることを更に期待致します。

 

 

 

2019_5_6_tamaki_2.jpg【今週の写真】

「令和」初日の天候は、穏やかながら雲の多い天候でしたが、午前中には、青い空が見える時間帯がありました。

 

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930