東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

全米オープン、ゲーリー・ウッドランド選手がメジャー初優勝!

2019_6_17_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン らくらくレッスンプラザ北浦和校担当の玉木です。

関東の梅雨入りが発表されましたが、雨日でもジメジメ感もあまり感じない雨降りでした。梅雨の晴れ間も爽やかな陽気で、梅雨入りを疑想いと、西日本の梅雨入りがまだ発表されていないことで、今年の梅雨は長引くのではとの思いです。

ところで、雨対策グッズのご用意はいかがでしょうか。
レインウェア、雨に強いグローブなど、パラソルは日傘兼用で使用できます。
是非とも見直しとご準備をお願い致します。

米男子メジャー第3戦「全米オープン選手権」が、ペブルビーチ・ゴルフリンクスで開催されました。メジャーのセッティングに選手がどのように立ち向かうか、今回は、ツアー屈指の難コース、ペブルビーチが舞台ということで、ある意味楽しみにしていましたが、今年の大会は、いつもの全米オープンとは違っていました。早いセッティングとは言え球の止まるグリーンは、世界レベルの選手達にとってはピンを狙える状況ができ、例年にないバーディラッシュを見ることができたなど、ギャラリーの皆さん、視聴された方々にとっては見応えのある全米オープンとなったのではとの思いです。
最終日のバックナインでは、ブルックス・ケプカ選手の3連覇の大偉業が見え隠れするなか、最後まで崩れなかったゲーリー・ウッドランド選手が逃げ切ってメジャー初制覇を果たしました。
ウッドランド選手の安定感から想像すると、今までの勝利数はうそのようです。
そして今回の松山選手は、日本人選手ただ1人決勝に進み、今大会最多のバーディ数を上げ、バーディ数だけなら優勝という攻撃的なゴルフを展開致しましたが、結果的には届きませんでした。
しかし、ショットの切れは戻ってきているように感じました。
来月行われるメジャー第4戦「全英オープン」に期待は膨らみます。

国内女子ツアーは「宮里藍 サントリーレディスオープン ゴルフトーナメント」が、兵庫県の六甲国際ゴルフ倶楽部で開催され、鈴木愛選手が逃げ切って今季2勝目を飾りました。
宮里藍プロの冠がついた今大会で、憧れの宮里藍プロ本人から優勝トロフィーが手渡され、子供の頃に抱いていた想いと重なり感無量の優勝となったとの思いです。

国内シニアツアーの「スターツシニアゴルフトーナメント」が、茨城県のスターツ笠間ゴルフ倶楽部で開催され、プラヤド・マークセン選手の逃切りで大会3連覇が予想されるなか、突然の乱調から、シニア初戦の谷口徹選手倉本昌弘選手のプレーオフとなり、倉本昌弘選手が逆転の優勝を飾りました。
谷口選手の今後の動向が気になりますが、今大会の谷口選手の存在がマークセン選手にとってプレッシャーになったのではと思いました。
誰がマークセンの賞金王に待ったをかけるか、今年のシニアツアーのこれからが楽しみです。

 

 

 

2019_6_17_tamaki_2.jpg【今週の写真】

来月「グリップ交換会」が開催されますが、グリップの見直しはいかがでしょうか。
雨の日のゴルフは元より、夏場の汗でも、グリップは滑りやすくなります。当然ミスショットの確率も高まります。
「タワシでゴシゴシ」のケアは、グリップを長持ちさせる秘訣ですが、一度見直していただきたく思います。

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31