東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

国内女子ツアー「賞金女王は誰の手に!?」

2019_11_25_fujioka.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

賞金ランキング3位の渋野日向子選手がツアーの終盤戦で、自身の持ち味である土壇場での強さを発揮し国内4勝目を勝ち取りました。優勝賞金1800万円を加算して137914314円としました。ランクは3位のままですが1、打差の単独2位で880万円を積み上げたトップの鈴木愛選手との賞金差を15111351円とし、賞金女王決着を優勝賞金3000万円の最終戦LPGAツアー選手権リコーカップ」での戦いに持ち込んみました。

<賞金ランキング上位3人の今季獲得賞金>

1/鈴木愛選手/153025665

2申ジエ選手138037195円(1位との差14988470円)

3/渋野日向子選手/137914314円(1位との差15111351円)

32人が出場する最終戦は予選落ちがなく、優勝賞金は3000万円、単独2位が1740万円、単独3位が1200万円でそれぞれの賞金女王の条件は次の通りになります。

1)鈴木愛選手:単独2位以上で決定。
鈴木選手が単独2位以上なら、申選手と渋野選手が優勝しても鈴木選手に及ばない。

2)申ジエ選手:単独2位以上が最低条件。
申選手が優勝すれば獲得賞金は166477195円、優勝の場合は鈴木選手が3位以下。単独2位の場合は鈴木選手が10位(1968000円)以下、渋野選手が3位以下が条件になります。

3)渋野日向子選手:単独2位以上が最低条件。
渋野選手が優勝すれば獲得賞金は167914314円。優勝の場合は鈴木選手が3位以下。単独2位の場合は鈴木選手が10位以下、申選手が3位以下が条件となります。

今年の国内女子ツアーは渋野選手の海外メジャー優勝や終盤、鈴木愛選手の連続優勝、若い世代の活躍、終盤は賞金女王争いと見所満載です。

男子は、安定した実力で今平選手が優勝を手にしましたが、私としてはダンロップ契約のプロと秋口まで好調だった石川遼選手に頑張ってツアーを盛り上げて頂きたいと思っています。

 

 

 

2019_11_25_fujioka_2.jpg【今週の写真】

横浜タカシマヤスタジオでは、無料体験レッスン随時開催しております。
初心者の方もお気軽にお越しください。
お待ちしております!

2024年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930