東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

令和元年はゴルフ界にとって記憶に残る年に!

2019_12_23_tamaki.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 狛江スポーツセンターゴルフスクール担当の玉木です。

令和元年も残すところ1週間となりました。
今年のゴルフ界を振り返りますと、なんと言っても渋野日向子選手というヒロインの登場です。渋野選手が「全英女子オープン」を制覇して以降ゴルフ界が一変し、以前とは全く違ったツアーの盛り上がりを見せました。そして、米男子ツアーのZOZOチャンピオンシップ」が日本で開催され、タイガー・ウッズ選手松山英樹選手が優勝争いを演じ、悪天候もありましたがギャラリー数は過去最高となりました。令和元年は、ゴルフ界にとっては記憶に残る年となったことと思います。
来年は、オリンピックイヤーであり、ゴルフ界はオリンピックと共に更なる盛り上がり期待したく思います。

さて先日、日本ゴルフトーナメント振興協会が主催する『ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人賞)』ならびに『特別賞』の表彰式が行われました。
新人賞は、ゴルフトーナメント活性化のために若手育成が重要と考え設立されました。新人賞には、女子から渋野日向子選手、原英莉花選手河本結選手稲見萌寧選手らが、男子から比嘉一貴選手が選出されました。
そして特別賞は、めざましい活躍と大きな話題を提供しゴルフ界の振興・発展に貢献した選手に贈られる賞で、過去には石川遼選手、松山英樹選手、畑岡奈紗選手らも選出された賞です。
今年の特別賞には渋野日向子選手、古江彩佳選手金谷拓実選手(アマチュア)らが選出されました。
渋野日向子選手は、史上始めて新人賞と特別賞の2つの同時受賞となりました。今年の活躍から考えれば当然の受賞であり、ゴルフ界にとってはMVPにも匹敵する活躍だったとの思いです。
表彰されたのは、女子から5名選出されたのに対し、男子からは2名と、今年のツアーの盛り上がりがそのまま反映された結果となりました。
今年の男子ツアーに至っては、日米ツアー共催「ZOZOチャンピオンシップ」でのタイガー・ウッズ選手の歴史的勝利もあり、平均視聴率は昨年を上回ったという結果が出たようです。しかし、選手会長・石川遼選手の複数回の勝利がありながらも、ギャラリー数は前年から減少という結果となりました。
昨季から務めた選手会長職の任期は今年が最終年の2年目となり、来年年明けの理事会で、改めて選手会長の決定がなされます。来年の選手会長職の任務は、オリンピックイヤーも含め重責を担うこととなります。
新たな会長の元、選手が一丸となってツアーを盛り上げていただくことを期待致します。微力ながら応援を致して参ります。

 

 

 

2019_12_23_tamaki_2.jpg【今週の写真】

「merry Xmas」
楽しいクリスマスをお過ごし下さい。
 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30