東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

フェニックス・オープン最終日

2021_2_8_fujioka.jpg皆様こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜タカシマヤスタジオ担当の藤岡です。

フェニックス・オープンでは、松山英樹選手は4バーディー、2ボギーの69、通算8アンダーで42位で4日間を終えました。小平智選手は74と落とし、通算3アンダーで63位でした。
前日5打差7位だったメジャー4勝のブルックス・ケプカ選手が65で回り、通算19アンダーにして逆転。大会2勝目、ツアー8勝目を挙げました。
前日首位のジョーダン・スピース選手は4位で終えました。

松山選手は前半のインを3バーディー、ボギーなしで折り返しましたが、後半はショットが左右にぶれて1バーディー、2ボギー。最終9番では第1打を左のサボテンの中に打ち込み、アンプレアブルを宣言せざるを得ませんでした。
18ホールを通してパーオンは10回どまり。過去2度優勝の相性のいい大会でしたが、本領を発揮できないまま終わりました。ただ、試行錯誤を繰り返しているパッティングは、膝の折り方を浅くし、ハンドアップ気味に構えるフォームが奏功してか、3~4メートルが気持ち良く入るとのことでした。最終日は25パットでした。
「順位も順位だったので、何かきっかけになるものを見つけようと思ってやっていたのが意外とよかった。最後の3ホールはすごくいい形で終われた」と前向きな言葉も。次週はロサンゼルスで調整をするとのこと。
今回は、松山選手、小平選手、二人が予選を通過しました。
今年は二人ともが優勝が出来るようがんばって頂きたいと思います。

 

 

 

 

2021_2_8_fujioka_2.jpg【今週の写真】

春ゴルフに向けて、ご自身の修正ポイントをチェックしてみませんか?
お待ちしております!

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30