東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

効率良いゴルフプレー

2021_7_26_kobayasi.jpgおはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の小林です。

今年も暑くなりそうな予感。近年、夏は毎年暑く、最高気温が 40℃ を超える日、最低気温が 30℃ を下回らない日などのニュースを耳にすることも珍しくないですね。
また、5月や 10月に 最高気温が 30℃ を超える日があるなど、天気予報で熱中症への注意喚起がなされる日は多くなってます。
予想最高気温が 35℃ を超える日は 高温注意情報が発令されるそうですが、そんな真夏の太陽が照りつける暑い日のゴルフは暑さ対策をして行わないと 最悪の場合は 熱中症や 脱水症などの状況に陥りなり兼ねないから 要注意です。
また、プレー面では 暑い日のプレーのコツや注意点を知っておくだけで スコアに違いが出ます。
そこで、特に初級者の方にプレーでの注意点をアドバイスします。
効率良くラウンドすれば疲れが軽減されますよね。
まず、よく見かけるのが、素振り多い、長いは注意!無駄な素振りで疲れてしまい、いざ本番で…などはありませんか?ショットのイメージをし1.2回の素振りで打つ、これが力まずナイスショットを打つコツです。
また、アドレスしてから固まってしまい、ミスショットの方も多いですね。構えたら直ぐに打つことをおすすめします。
またまた、セカンドショット以降はどんな状況にボールがあるのかわかりません。 
数本クラブを持ちどんな状況でも対応できるようにしておいてください。またカートに戻るのはキツイですからね。
効率の良いプレーはプロのプレースタイルから学ぶと良いです。
オリンピックでどんなプレースタイルでラウンドしているのかも参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

2021_7_26_kobayasi_2.jpg【今週の写真】

私の夏のラウンドに欠かせないアイテム、目を紫外線から守るサングラスです。
今年も欠かせませんね!!

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031