東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

「ゴルフ場との勝負」

2016y06m10d_183341521.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の小林です。

ついに梅雨入りが発表され、不安定な天気が続いていますが、これからは、湿気も多い分、かなり蒸し暑くなってきます。熱中症や食品の管理にも気を付けてくださいね。

そんな中・・・ゴルフ場に咲いている紫陽花(アジサイ)は、なんだか嬉しそうです!梅雨を彩る花として親しまれている紫陽花。ゴルフ場を華やかにしてくれています。
人間と違って、植物や芝は雨で大喜び!やはり、植物も芝にもそれなりの雨が必要なのかもしれませんね。

さて、来週にはいよいよ世界四大メジャーの第二戦目となる「全米オープン選手権」が始まります。この大会は1895年にゴルフのオープン競技として、長い歴史の幕を開け、毎年6月の第3日曜日(父の日)を最終日として日程が組まれます。

ゴルフの世界四大メジャー大会では1860年に始まった「全英オープン」に次いで、長い歴史を誇る由緒ある大会です。
開催5年前に決定するコースはどれも難易度が高いコースばかりで、スコアを崩さない堅実なパープレーのゴルフが求められます。今年の開催コースとなるオークモンドカントリークラブは、ゴルファーとしての全てのスキルが試され、わずかなミスも許さないタフなコースです。
過去8度開催された全米オープンでの最も良い優勝スコアは5アンダーです。
私がとても記憶に残っているのは、1994年にローレン・ロバーツ選手、コリン・モンゴメリー選手の2人とのプレーオフを制して優勝したアーニー・エルス選手です。
過去8度開催された全米オープンで4日間をアンダーパーでプレーしたのは、わずかに23人しかいないこの難コース、どんなドラマが起こるか楽しみです。
我慢のゴルフに強い松山英樹選手にはチャンスありだと思います。

一方、先週の男子ツアー国内メジャー初戦「日本ゴルフツアー選手権・森ビルカップ Shishido Hills 2016」で大逆転優勝を飾りました塚田選手。塚田選手も松山選手も「スリクソン Z-STARシリーズ」を使用していますがお二人の好調さはボールにも隠されていると思います。
ちなみに私も使用していますが素晴らしいフィーリングです。「スリクソン Z-STARシリーズ」使用プロに大注目ですね。

また、熱き戦いが注目されている日本女子プロトーナメントですが、今週開催されている「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」。こちらもタフなコースセッティングで正確なボールコントロールが要求されます。アメリカンスタイルの難易度が高いと言われている六甲国際ゴルフ倶楽部での女子トーナメントで、数少ない4日間の戦いです。目が離せませんね。
プロが難コースに挑む姿を皆さんも自分に照らし合わせて、是非ラウンドに挑んでください。
 

2016y06m10d_183349712.jpg「今週の写真」

本文にもありましたゴルフ場で撮影した紫陽花です。
四季折々の花とプレーする醍醐味は、ゴルフでしか味わえませんね。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30