東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

グリーン上のゴルフクラブ選択

9_19_kojima.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ工房担当の小島です。

最近は曇りや雨で、なかなかゴルフ日和になりませんが、ようやく来週から晴れた日が続きそうですね。
ゴルフシューズをお勧めする際、防水機能の説明もしますが、たまに「雨が降ったらやめるから」という声を聞きます。
確かに雨の日のゴルフは大変ですよね。
それでも月一ゴルファーの私は、待ちに待った日なので曇り時々雨なんて予報でも、ゴルフ場へ向かってしまいます(笑)

さて、「ANAオープン」では、ブレンダン・ジョーンズ選手が通算18アンダーで優勝。
2013年11月、2014年5月と左手首に受けた2度の手術を乗り越え、3季ぶりの復活優勝を飾りました。
今大会で注目したのが、今平周吾選手の最終日18番ホールパー4のサードショット。実はこれ、2打目がグリーンオンしているのでバーディーパットと言いたいところなのですが、今平選手がグリーン上で手に取ったクラブはウェッジ。
解説によると、あまりにも右から左に曲がるラインが強い為、そのラインの上を越すウェッジの方が良いと判断したとの事。
皆さんご存知だと思いますが、グリーン上でパター以外のクラブを使って良いのはプロだけです。何故ならアマチュアはショットの時にグリーンを傷めてしまうからです。
グリーンを傷付けずに打つ、さすがプロの技ですよね。
今平選手は、私が注目している若手ゴルファーです。
予選落ちしたものの、今年の全英オープンに出場している実力の持ち主です。
今後も今平選手の活躍に注目していきたいと思います。

一方、海外女子メジャー「エビアン選手権」
チョン・インジ選手が2015年「全米女子オープン」に続く、メジャー通算2勝目を飾りました。
この大会で通算21アンダーを出し、男女を通じメジャーで最多アンダーパー記録を樹立しました。
スタート前、インジ選手にプレッシャーはあったものの「これも良い経験になる、楽しもう」と考えたそうです。
米ツアー初優勝と2勝目をいづれもメジャーで飾った選手は史上二人目。
チョン選手は「日本女子オープン選手権競技」にディフェンディングチャンピオンとして出場します。

 

 

9_19_kojima_2.jpg「今週の写真」

パーソンズ・エクストリーム・ゴルフ
「PXG」です。
ウッドについているウエイトは取り外し可能で、このウエイトを交換する事により、クラブのバランスや球筋を調節する事が出来ます。
アイアンは一見、マッスルバックのように見えるのですが、ヘッドが中空になっていて弾きが良く見た目以上に打ちやすいアイアンです。


 

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031