東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ゴルフ業界を楽しむイベント!

3_13_matunae.jpg皆さん、こんにちは!

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 横浜髙島屋クラブフィッティング工房クラフトマンの松苗です。

3月も中旬に差し掛かり、だんだんとゴルファーの動きが活発になって来たようです。
時折、冷たい風も吹きますが、暖かい日が増えて来るので、どんどんゴルフ場に出掛けてくださいね(^_^)

さて今月は国内では最大のゴルフ業界イベント「JAPAN GOLF FAIR 2017」が開催されます。
昨年までは東京ビッグサイトを会場にしていましたが、今年はパシフィコ横浜で初の開催となります。
私も毎年見に行っていますが、毎回色々な発見があり、楽しませて頂いております。
横浜髙島屋にご来店くださっているお客様にもたくさん見に行って頂けるようにアナウンスしていますので、会場で見かけましたらお気軽に声を掛けてくださいね(^0^)/

そして先週は国内女子トーナメント第2戦目の「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」が土佐CCで開催されました。
「えぇ~。またかぁ~。」と思ってしまった人も多いのではないでしょうか?
優勝は全美貞選手でしたが、決着はプレーオフでした。
「またかぁ~。」の一つ目が、初戦に続き韓国選手に優勝を奪われてしまった事。
二つ目が、このトーナメントは6年連続でプレーオフ決着となった事です。
近年、国内女子トーナメントではプレーオフ決着が多くなっていますが、それはそれで実力伯仲している事として、見ている側は楽しいですよね。
しかし、惜しくも負けてしまった時の日本人選手は、もっともっと悔しさを露わにして欲しいと思います。
今回プレーオフで負けてしまった藤崎莉歩選手も「最終日、最終組で優勝争い出来た事は自信になる。プレーオフで負けてしまったが、頑張れたと思う。」というコメント。
日本人選手の優勝を切に願う私としては、昨年同じ様にプレーオフで負けてしまったイ・ボミ選手の様に「すごく悔しい!次は絶対に勝ちます‼」みたいに言って欲しいとも思います。
そこが韓国選手との違いなのかもしれませんね。
本人も言っている様に、自信はついた様なので、これからの活躍に期待です。

海外では、松山英樹選手は先週はオープンウィークに当てて、身体の休息と少し不調になっているショートゲームの調整に当てている様です。
一方で、バルスパー選手権に出場した石川遼選手は、決勝Rに進んだものの最終日に今季ワーストの81を叩き、最下位でフィニッシュ!
石川選手本人はスイング改造を行っている途中で、それを実践の中で試せている事に意義を感じていて、結果以上の収穫を得ている様です。
なかなか結果が出ない辛さはあるのでしょうが、それでも気持ちを切らさずにいられる石川選手のメンタルは、やはりプロスポーツ選手だと思います。
早く結果に繋がる様に、応援しています。

 

 


3_13_matunae_2.jpg「今週の写真」

先日、発売を開始したゼクシオのニューボール。「スーパーソフトX」
その名前の通り、打感がとても柔らかく、ゼクシオのドライバーの様に弾きの良いヘッドとの相性はバッチリ!
ぜひ、使ってみてください)^o^(

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031