東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

フォースの力でゴルフも上達

4_10_kojima.jpg皆さん、こんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ工房担当の小島です。

雨の日のバス停でバッタを発見。
バッタなんてゴルフ場では見かけますが、こんなコンクリート道が多い町中に現れるとは思いませんでした。
普段は葉にとまるバッタが、鉄柱にいた姿が面白かったので思わず撮ってしまいました。

さて今年のマスターズ、スペインのセルヒオ・ガルシア選手が悲願のメジャー初制覇を遂げました。
彼と、敗れてしまったジャスティン・ローズ選手は、同じ1980年生まれで友人関係を越えたスポーツマンシップを最後まで披露していました。
試合中、ローズ選手の紳士的な振る舞いが心を打ちました。
互いが互いの好プレーに声を掛け、ガルシア選手が最終18番ホールでバーディチャンスを作ると、ローズ選手はサムアップをしてガルシア選手を讃えました。
試合後ローズ選手は「僕らは14歳の時から何度も一緒にゴルフをしてきた。素晴らしい友情とライバル意識がいつもあるんだ。僕の良い時を、彼はいつも喜んでくれた。仲間が何度もメジャーで打ちのめされて苦しんでいるのは辛かった。これでやっと、彼も重圧から解放された。僕も重圧から解放された。僕にとっても嬉しいことだよ」と、コメントしたそうです。
そんなローズ選手、実は15番でティショットを打った時、昨年から持病となっている背中の痛みが出ていたそうです。
その時、誰よりもローズ選手を気にかけたのが優勝を争うガルシア選手でした。
動けないローズ選手の背中に手を添えて、励ますように声を掛ける姿。それに応じたローズ選手も口元に少しの笑みを浮かべてフェアウェイに歩き出しました。
その15番ホールでガルシア選手は会心のイーグル。
ローズ選手もバーディで並び16番に移動する時、今度は追いつかれたローズ選手が先にホールアウトしていたガルシア選手の背中をポンと叩いて好プレーを称えるように笑いかけていました。
 

 

4_10_kojima_2.jpg「今週の写真」

ダンロップから販売されている、スターウォーズのマーカー。
イラストが可愛くて全種類を購入してしまいました(≧∇≦)

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031