東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

プロゴルファー同士の絆。。。

9.18iwa1.JPG皆さん、おはようございます!
ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン ゴルフおもてなしサロン茅場町STUDIO担当の岩間です。
ゴルフ場でもすすきが見られるようになり秋の訪れを感じさせますが、台風一過の今日は暑くなるようですね。
それでもゴルフをするのに一番良い季節ですので皆さんもコースにどんどん行って、この時期のゴルフを堪能してください。
さて、今朝行なわれている米国PGAツアーの下部ツアーであるweb.comツアー・ファイナルズ『アルバートソンズ・ボイジーオープン最終日』、来季のPGAツアー出場権を獲得すべく日本の石川遼選手が68の見事なラウンドで現時点で8位タイにつけています。パーオン率も80%を超え、アイアンショットの切れ味も戻ってきたように見えます。Fedex cupのプレーオフシリーズでは松山英樹選手も奮闘中ですし、来年はこの舞台で二人の日本人選手の活躍が見れそうな気がします♫
一方の女子ゴルフは、フランスで行なわれた『エビアン選手権』に現役最後の試合となる宮里藍選手が出場しました。
予選ラウンドでは、宮里選手の方から一緒にラウンドしたいと、米国のポーラ・クリーマーと台湾のヤニ・ツェン選手を指名し、初日同組でのラウンドが実現しましたが、クリーマー選手が左手首を痛めてしまい無念の途中棄権となってしまいました。。。
それでも痛みが出てから9ホールも耐えたのは、「親友の一人の最後のラウンドだから・・・」と涙ながらに話していましたし、最終日の宮里選手が18番ホールをあがってくると、グリーン奥で出迎えていました。
クリーマー選手にとって、初日に宮里選手に同組でのプレーを指名されたことは、「今までで最も素晴らしい贈り物だった」と本当に嬉しかったそうです。
異国の選手同士のこんな絆は本当に素敵ですよね♫
宮里藍選手、本当にお疲れ様でした。

9.18iwa2.JPG【今週の写真】
先日のラウンドの時、お客様が撮ってくださっていましたが、自分でこのようなトラブルショットをどのように打っていたのかを見るのは初めてです!!
極端な左足上がりの傾斜でしたので、ピンまで残り100ydでしたが、6番アイアンを短く持って振り抜きました。
通常平坦なライでしたら、アプローチウェッジで打ちますので、5番手大きなクラブで打ったことになります。
大き目のクラブを選んで打つ勇気が必要ですね♫

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031