東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

松山英樹選手が参戦するダンロップフェニックストーナメント

10_23_kobayasi1.jpgおはようございます。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の小林です。

あっという間に10月も末です!
街中はどこへ行ってもハロウィン一色ですね。
私も特に必要が無くてもハロウィングッズを手に取り、衝動買いしてしまいそうになる今日この頃です。
ハロウィンが終わると次はクリスマスが待っています。
これから冬にかけてのイベントが楽しみです。

イベントと言えば、10月29日の日曜日から「ゴルフの窓口タカゴルフプラン」ゴルフラウンドレッスンツアー企画「ゴルフツアーin宮崎(トム・ワトソンG.C/フェニックスC)」が開催されます。
今年、松山英樹選手が帰ってくるフェニックスカントリークラブを舞台に行われるダンロップフェニックストーナメント前ということで、最高のコースセッティングの中でのゴルフツアーになります!
本当に楽しみです。
ご参加の皆様、トーナメント前の素晴らしいコースコンディションでのプレーを、存分にお楽しみ下さい。
後は天候を祈るだけです。日頃の行いが…
祈り続けます…

さて、今週の国内トーナメントは、男子は「マイナビABCチャンピオンシップ」、女子は「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」です。
白熱したナイスプレーを期待して見たいと思いますが、先週の様な悪天候のトーナメントでのプレーは、皆さんも何かと参考になると思います。
因みに注意点として、レインウェアを着ていることにより、スイングスピードが落ちる。打ったボールが雨の抵抗を受ける。地面が濡れているため、ボールの着弾後のランが出にくい。ラフからのショットでは、ラフが雨に濡れて抵抗が増してくるとというものです。
ですから、雨の日のゴルフで、いつもどおりの距離感と番手選びでショットをすると、ショートすることが多いです。
番手選びやコースマネジメントは、「距離が出にくい」ということを頭に置いてのプレーが必要ですね。
最悪なのは、「飛距離が出ない・・・」と首を傾げて、いつもよりも力んでフルスイングしようとすることです。
力みはミスショットに繋がります。
雨の日のゴルフでは、力んでも飛距離は出ませんので、「飛距離は出ない」ということを受け入れ、その状況に応じたスイングとコースマネジメントをしていくことが大切です。

雨の日のプレーが得意な小林がお送りしました。

宮崎ツアーの晴天を本当に祈ります。

 

 

 

10_23_kobayasi.jpg【今週の写真】

以前の宮崎ツアーでの一コマです。
芝の上からの練習は、トーナメントプロの気分を味わえます。
貴重な体験です。

2024年7月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031