東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ゴルフスイング調整練習

2_5_kobayasi.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 京都タカシマヤスタジオ担当の小林です。

ようやく1月末に降った雪がなくなり、やっとゴルフ場や練習場も再開しています。
雪掻き等の除雪作業は本当に大変ですよね・・・

あと2ヶ月もしたら、日本で開催されるトーナメントも始まります。
春が待ち遠しい今日この頃です。

日本男子ツアーでは、本年度から石川遼選手が選手会長にも就任され、プラス国内フル参戦の見込みということで、開幕から盛り上げてくれる事を楽しみにしております。

さて、春に向けてのスイング調整で、この時期だからこそやっておきたい練習方法をご紹介したいと思います。
難易度の高い練習方法で、ティアップした球を打ち正確なインパクトを覚える練習方法です。
練習場の打席マットは、ヘッドが少しくらい手前に入ってもちゃんと飛んでくれてしまいますが、そのままではラウンド時にダフリ連発という事態になりかねません。
そうならないためにも、正確なインパクトを身に着けることが必要です。
そのためには、ティアップしたボールを打つのが一番。
最初は低いティで始めて、徐々に高くしていきましょう。
ティが高くなると、正確にボールをヒットする技術が求められるので難易度が上がります。
いかがでしょうか。
練習場でできる練習方法を工夫すれば、上達への道もグンッと短縮できます。
練習は良い球を打つことが目的ではなく、苦手なクラブを得意にしたり、よくあるミスを修正することにあります。
ゴルフ場でベストなパフォーマンスを発揮するためにも、練習方法を見直してみて下さい。
春に向けてスイングのレベルアップを目指しましょう!

 

 

2_5_kobayasi_2.jpg【今週の写真】

今週の写真は、3連覇のかかったウェイストマネジメント フェニックスオープンを、以前より痛めていた左手親指の付け根の負傷で棄権をしてしまった松山 英樹選手のポスターの写真です。
いま無理をしてメジャーを逃しては!
今後の活躍を期待しています。
 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031