東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ゴルフボールのバックスピン量

5_14_suganuma.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン リバティヒルクラブ ゴルフアカデミー担当の菅沼です。

五月に入り気持ちいい季節になると思いきや、寒暖差が大きくゴルフ場でのプレーではゴルファーの服装選びも悩みが大きいですよね。
最近は機能性の高いアンダーウェアも多くあるので、上手く活用したいですね。

さて、先週は日本男子ツアーのメジャートーナメント第1戦「日本プロ選手権」が行われました。
厳しいメジャートーナメントのコース設定の中で、ベテランの谷口徹選手が国内メジャートーナメント最年長の優勝となり5年シードを獲得しました。
今後、残りのメジャートーナメントを中心に、観ている人々が感動と興奮を覚える戦いを期待したいですね!

 

 

5_14_suganuma_2.jpg【今週の写真】

今回からは飛距離UPに関係するデータの中の、バックスピン量について話していきます。

ドライバーでのバックスピン量は、一般的に2500回転前後が適正とされていますが、ボール初速と打ち出し角度により適正値は変わります。
バックスピン量は、クラブのロフト角・クラブの軌道・クラブフェイスの打点によって変わります。
また、最近ではボールの種類によっても変わります。
次回から、この辺りを一つ一つじっくり話していきます。

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829