東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめ日本全国にゴルフスクールを展開中

ゴルフウェアかぶった~(≧∇≦)

10_15_kojima.jpgこんにちは。

ゴルフの窓口ゴルフスクール・ゴルフレッスン 新宿伊勢丹ゴルフグッズ販売担当の小島です。

「日本オープンゴルフ選手権競技」先週のブログで登場した金谷拓実選手が、通算1アンダー24位で大会を終え、ローアマチュアに輝きました。
「ローアマチュアを獲れて嬉しい気持ちと、もうちょっとできたかなという気持ちと半々です」とコメント。
昨年大会は優勝争いの末に2位、2015年も11位でローアマチュアに輝いているだけに、その心は喜びばかりではないようです。来春には「マスターズ」の大舞台も控えている金谷選手に、これからも大注目です!

3打リードの単独首位から出た稲森佑貴選手が、5バーディ、2ボギーの「68」で通算14アンダーとし、後続に2打差をつけてツアー初優勝をメジャーで飾りました!
初優勝を「日本オープン」で飾るのは2009年の小田龍一選手以来で、9年ぶり8人目。「日本オープンで勝てるとは思わなかった。“勝ったんだ”という、フワフワした感じです」とよろこびを表していたそうです。
稲森選手は、子供時代に実家が営むゴルフ練習場で、ゲーム感覚で距離の書かれた数字を狙っていたそうです。正確無比な1Wショットは、その頃から磨かれてきたのでしょう。
今大会、稲森佑貴選手の最終日のフェアウェイキープ率は、なんと100%と、すごい数字を叩き出しています。
今季、同じ鹿児島出身の出水田大二郎選手「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー初優勝。出水田選手より早い2014年に賞金シードを獲得した稲森選手は「嬉しかったけど、先を越されたっていう思いもあった」と心境を打ち明けています。重永亜斗夢選手時松隆光選手秋吉翔太選手ら九州勢も優勝を重ねていて、稲森選手は父親から「あの人たちを越えるには、メジャーで勝つしかないぞ」と課題を与えていたそうです。
課題をクリアし、見事に日本オープンを制した稲森選手、ツアー初優勝おめでとうございます!!

 

 

 

10_15_kojima_2.jpg【今週の写真】

日本オープンを制した稲森選手が、最終日に着ていたゴルフウェアと同じ柄の物を、会社から伊勢丹で着るための制服として支給されていました!
普段、自分が着ているウェアと同じ柄を着ているプロが優勝する姿を見ると、凄く親近感が湧きますね(笑)
 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31